お取引状況の確認

ゲームニュース

RMT ArcheAge 人気キャラクター「ぐでたま」とのコラボ第一弾イベント開始 RMT ArcheAge サービス開始3周年記念「ルシPと行く!東西島ツアー」開催決定 RMT アーキエイジ 乗り物(機械) RMT アーキエイジ 乗り物(グライダー) RMT ArcheAge のこれまでを振り返る,「Pmang感謝祭」スペシャルステージレポート RMT ArcheAge 大型アップデート「ノアルタの建国」プレイレポート。プレイヤーからの支持を得て,領地,そして国家を発展させよう RMT ArcheAge 4月27日実施予定の次期アップデート「ノアルタの建国」の特設サイトが更新。アバターにステータスを付与できる新システムの情報などが公開に 「ArcheAge RMT」の大型アップデート“ノアルタの建国”は4月27日に実装。先行体験会を4月23日に秋葉原で開催 「ArcheAge rmt」のアップデート「覚醒する鼓動」が本日実装。インスタンスダンジョン「饗宴の園」のボスがさらに手強くなって登場 「ArcheAge RMT」のXLGAMESが,3Dゲームエンジン「XLE」をオープンソース公開。MMORPGなどの開発に適した拡張性がウリ 「ArcheAge RMT」次期アップデート「饗宴の園」で古代の財宝を発掘する新コンテンツ「貿易船サルベージ」が実装に 「ArcheAge RMT」次期アップデート「饗宴の園」の最新情報。ついに木の上で生活できるように

RMT ArcheAge のこれまでを振り返る,「Pmang感謝祭」スペシャルステージレポート

八年安全運営の安全サイトRMT-SPです。アーキエイジ RMT
 ゲームオンは2016年5月3日,ベルサール秋葉原で「Pmang感謝祭」を開催した。ステージイベント「ArcheAge LIVE!感謝祭スペシャル!」では,MMORPG「ArcheAge」の日本運営プロデューサーであるGMルシウスこと石元一輝氏とGMオーキッドナ氏が,コスプレイヤーでモデルの紗々さんをゲストに迎え,これまでのアップデートの振り返りやプレイヤーとのゲーム対決を行った。
 今回のスペシャルステージは,2016年4月27日に実装されたばかりの最新アップデート,「ノアルタの建国」についてのおさらいからスタートした。
 このアップデートのポイントは,領地と国家。領地を手に入れた“領地プレイヤー”と,そうでない“非領地プレイヤー”が協力し合うことによって,領地内にさまざまな建築物を建てて領地を発展させられる。領地が十分に繁栄すれば,国家を樹立して独立が可能となる。国王は専用の騎乗ペット「ワイバーンロード」に乗り,戦ったりコインをバラまいたりといった活動ができるようになる。
 国家として独立すると周囲の勢力が全て敵となる。日本版ではあえて友好勢力の設定をできなくしているそうで,石元氏によると,これは勢力バランスの不均衡を解決するための取り組みの一つでもあるのだという。領地を持つ大きなグループが独立することにより,残った人々で勢力のバランスが取れるのではないか……というわけだ。
 事実,友好勢力の設定ができる韓国版では,独立しても元いた勢力と協定を結んでしまうため,勢力バランスの不均衡を解決することはできなかったのだという。石元氏いわく,友好勢力の設定をできなくするのは「きわどい調整」ではあるものの,独立して周囲が敵となった結果,「万が一,プレイもままならないような状態になるようなら,友好勢力の設定に関しては再度考慮する」とのことである。
 続いて,ArcheAgeの歴史を振り返るコーナーへ。日本版ArcheAgeのサービスは,2013年7月にスタート。人よりも早く領地を手に入れるため,アップデート直後には争奪戦のようなことも起こったという。徐々に攻城戦,釣り,作曲と言ったArcheAgeらしいコンテンツがそろっていった。
 2014年は大量のアップデートが行われた年だ。石元氏にとってとくに思い出深いのは,「エアナード」アップデートだという。「ゲームの根幹を作り替える」(石元氏)ほどの改変が行われており,「ゲームはエアナード以降のほうが面白くなっている」と言い切っている。
 ArcheAgeといえば高難易度のレイドボスだ。「紅蓮龍再臨!!」では,当時最強を誇っていたレイドボス「レッドドラゴン」が弱体化しているが,石元氏はこれを失敗だったと考えているとのこと。
 その後に実装されたレイドボス「リヴァイアサン」はこれ以上の高難度だが,レッドドラゴンの経験を活かし,弱体化はしない予定であるという。プレイヤー達の装備も充実してきているので,今年辺りに倒されるのではないか……と石元氏は予想しているそうだ。
 なお,レッドドラゴンに関しては4月27日のアップデートで再度強化されたそうなので,気になる人は挑んでみよう。
 2015年の「赤露の戦い」では,同名の新PvPコンテンツ「赤露の戦い」が登場。拠点を制圧する集団戦であり,サポートすることでも貢献ができるため,初心者にも参加してほしいと石元氏は語る。
 PvPが続いたことで生活系コンテンツを充実させようということで実装されたのが,「ブリキの風」。なんといっても目玉はスケボーだが,荷物運びに活用されたり,プレイヤー主催の大会が開かれたりといった広がりをみせているという。
 また,「饗宴の園」では,アイドルのように歌い踊るボス「アリア」が登場。ライブ会場のような場所でのバトルは,ArcheAgeの新境地を拓いたと言えるだろう。
 最後に,石元氏,GMオーキッドナ氏,紗々さんチームと,プレイヤーチームによるゲーム大会「領地荷物争奪戦」が行われた。石元氏チームが荷物を城門の外へ持ち去ろうとするのを,プレイヤーチームがこれを阻止するというもの。
 GMオーキッドナ氏と紗々さんがプレイヤーチームを引きつける中,荷物を背にした石元氏が密かに城門へ向かうが,あっさりと作戦を看破されてしまう。石元氏は必死に逃げるが,脱出まであと一歩というところで倒されてしまい,プレイヤーチームが見事勝利したところで,ステージイベントは幕となった。
 

2016-5-8 21:16:53