お取引状況の確認

ディバインゲート RMT竜王と文明竜

ディバインゲート RMT
上位なる種族、竜の王とその腹心。世界評議会の企みを阻止すべく、ナイツ・オブ・ラウンドと対峙する。
ノア
古の竜族の王。世界評議会の企みが聖なる入口を開く事と判断しそれを阻止すべく、聖銃士の元へ文明竜を送り込み、自身も戦場へ姿を現す。だが、アーサーの目的が世界評議会と異なる事に気付かなかった為、結果的に世界評議会に反する聖王勢力と竜王勢力が潰し合う事になってしまった。最終的にアーサーの意図に気付き、彼を認める発言をしている。オズとは過去に因縁がある模様。
アメリカーナ
竜王腹心の一人。オズの企みを暴くため、【ナノ・サラマンダー】と共に上位なる世界から舞い降りる。ベディヴィア、ユーウェインと対峙する。
インダストラ
竜王腹心の一人。【ナノ・リヴァイアサン】と共に上位なる世界から舞い降りる。 アーサーの扉到達を果たさんと立ち塞がるトリスタン、ブルーノと対峙する。
アンデルス
竜王腹心の一人。【ナノ・ヨルムンガルド】と共に上位なる世界から舞い降りる。 ケイ、ガレスを襲撃。
コウガニア
竜王腹心の一人。ノアの命で統合世界に送り込まれ、その先でカルネアデスから【ナノ・ファーブニル】を託される。 ラモラック、ランスロットと戦闘に突入。
エジプトラ
竜王腹心の一人。ヘンペルが間違えて送ってしまった【ナノ・ニーズヘッグ】と共に上位なる世界から舞い降りる。 パーシヴァル、モルドレッドと交戦。
メソポティア
竜王腹心の一人。【ナノ・ウロボロス】と共に統合世界に襲来。パロミデス、ガウェインと交戦する。
特務竜隊<SDF>
古の竜の襲来に備え、世界評議会により秘密裏に組織されていた特務部隊。様々なタイプの竜で構成され、古の竜討伐の為出動する。
デラト
炎喜竜。人工的に作られた竜。アメリカーナの討伐に向かうも、戦闘は既に終わっていた。
アング
水怒竜。後天的に竜の力を移植された、次種族〈セカンド〉と呼ばれる存在。インダストラの討伐に向かうも、戦闘は既に終わっていた。
ジョーイ
風楽竜。先天的に竜の力を半分持つ混種族〈ネクスト〉。アンデルスの討伐に向かうも、戦闘は既に終わっていた。
ラブー
光愛竜。数多の実験の末産み出された人工竜。コウガニアの討伐に向かうも、戦闘は既に終わっていた。
サッド
闇哀竜。元々は人間だったようだが、竜の血を混ぜられ次種族〈セカンド〉となった。エジプトラの討伐に向かうも、戦闘は既に終わっていた。
ヘート
無憎竜。混種族〈ネクスト〉。メソポティアの討伐に向かうも、戦闘は既に終わっていた。
堕王
エビルアーサー
堕ち、変わり果てた姿のアーサー。銃剣型ドライバ【エビルカリバー】を持つ。
美精王
ティターニア
美を司る大精霊。天界の妖精王でもある。彼女自身は人為的に産み出された『綴られた存在』。その存在が何故天界の王を務めているのか、詳細は不明である。ヒカリを気にかける描写が随所に見受けられるが、彼女との関係は明らかにされていない。
拘束獣
混種族<ネクスト>の拘束されし獣たち。
ヨウコウ
パブロフに被検体として拘束されていた獣。けれども爆発事故の際に、解放される。その後にアカネ一向と出会い、パブロフの息子であるアカネに真実を伝えた。
ルリ
「蒼のクリスマス」の唯一の目撃者。世界評議会により、保護という名の拘束をされていた獣。だがシュレディンガーの職務放棄により、解放される。助けを求めにウンディーネの許に向かう。モデルは海獺。
トキワ
監獄から抜け出した獣。定食屋で出会ったギンジと行動を共にすることになる。少女のように見えるが男。モデルは猫。
コガネ
カルネアデスに被検体として拘束されていた獣。だが昇格され、助手になる。モデルは兎。
キョウ
幽閉されていた堕ちた獣。自由と引き換えというのを条件に、ユカリを不夜城まで連れて来るようにというファティマの命令を呑む。
ナマリ
拘束されていた獣。サンタクローズにより拘束を解かれ、彼についていく。モデルは犬。
魔女王
ヴァルプルギス
魔界の女王だが、その幼さ故に自身の力が感情に左右され、制御できない。ある時突然消えてしまった、だいすきな幼馴染みを探し続けている。羊羹が好き。Aカップ
幻奏者[編集]
ファティマ
魔界の戦力を揃え、ユカリを女王へと推薦する。その言動や行動から、魔界の女王の側近とも言える立場に居るとされるが、言及はされていない。
門番
サクラダ
炎番人。鎧型ドライバ【アカオニ】を纏う人間。ノアの一族であり、竜王の使いとしてアカネ達を聖なる扉へと送り届けるため彼らの元を訪れる。
アルカラ
水番人。鎧型ドライバ【レティーロ】を纏う獣。ノアの一族であり、竜王の使いとしてアオト達聖なる扉へと送り届けるため彼らの元を訪れる。扉への道中、アオトの弟も聖なる扉へ向かっていることを伝えた。
ホルステン
風番人。鎧型ドライバ【リューベック】を纏う竜。ノアの一族であり、聖なる扉を目指すミドリ達の前に立ち塞がるが、その目的は彼女らを扉へ送り届けること。ミドリに道化の魔法使いに拾われた少女の存在を伝えた。
ハールレム
光番人。鎧型ドライバ【サロモン】を纏う魔物。ノアの一族。常界での美精王と幻奏者達の戦闘中に現れ、ヒカリ達をその場から脱出させた。聖なる扉へヒカリを連れていくつもりだったが、光精王からの依頼で行き先を天界へと変える。
ラティーナ
闇番人。鎧型ドライバ【アッピア】を纏う第零世代人型ドライバ。ドライバがドライバを装着する例は、現状このユニットのみである。聖なる扉への案内の為闇の汽車と共にユカリ達の前に現れるが、ユカリからの依頼で行き先を魔界へと変更する。
ラショウ
無番人。鎧型ドライバ【イバラキドウジ】を纏うノアの一族。傷心のギンジの前に現れ、聖なる扉へいざなうだけの実力があるか見定めるため戦闘を仕掛ける。厳ついが、妖精。
天上獣
グリュプス
天上獣。手袋型ドライバ【ソロウ】を使用。次種族〈セカンド〉のプロトタイプ。観測者クロノスを『塔』の最上階まで送り届けた。
湖妖精
ヴィヴィアン
アヴァロン近くの湖畔に住む妖精。少女の姿をしており、永遠の17歳を自称しているが実年齢は外見を遥かに越える。ランスロットの育ての親。家事全般をこなす上にかなりの料理上手であり、ハンバーグが得意料理。Eカップ。親しみやすい物腰とは裏腹に天界の重役を務めていた経歴があり、戦闘能力もかなり高い。現在はその座から離れ、とある湖畔にて聖剣『カリブルヌス』を保管しつつのんびり暮らしている。竜王とは旧知の仲。
聖劇の戯曲[編集]
シェイクスピアにより綴られ、己に与えられた役を演じる者たち。
マクベス
炎戯魔。ミドリ一行を強襲するも、ミドリを守るために現れたドロシーに阻まれ戦闘に。しかし、突如介入した風神ヘズによってドロシー共々倒された。
オセロ
水戯機。アカネ一行を強襲し追い詰めるが、パブロフが介入したため彼と戦闘になった。
シェイクスピア
風戯者。ロキの指示でマクベス、オセロ、ジュリエット、ハムレット、ロメオを生み出した張本人。
ジュリエット
光戯竜。演じるだけの人生に絶望し、手渡されたドライバ【デッド・マキューシオ】で自殺を図ろうとしたところを光才カルネアデスによって止められた。
ハムレット
闇戯精。刀型ドライバ【ファントム】を使用。アオト一行を強襲してアオトと一騎討ちを行った。あと一歩の所までアオトを追い詰めたものの、背後から現れたアリトンによって殺害される。
ロメオ
無戯獣。短剣型ドライバ【マキューシオ】を使用。演じるだけの人生に絶望している最中、聖者サンタクロースと出会う。
極東庭園の六花獣
仲間を助けるためにギンジが力を借りようと訪れた、庭園に住む六体の獣。
キリ
炎花獣。筆型ドライバ『シワス』を所持。モデルは鳳凰。 六大精霊王達とは旧知の仲。
フジ
水花獣。筆型ドライバ『ウヅキ』を所持。モデルは杜鵑。 情報屋。
ウメ
風花獣。筆型ドライバ『キサラギ』を所持。モデルは鶯。 庭園の奥でギンジを待っていたが、当人が現れないまま時が過ぎ、胸騒ぎを感じ始める。
ススキ
光花獣。筆型ドライバ『ハヅキ』を所持。モデルは雁。 ギンジにヒカリの出生の真実を明かす。
ヤナギ
闇花獣。筆型ドライバ『シモツキ』を所持。モデルは燕。 ギンジにユカリの現状を伝える。
マツ
無花獣。筆型ドライバ『ムツキ』を所持。モデルは鶴。 ギンジが出会った最初の花獣。彼の覚悟を受け止め、力になることを約束した。
北欧神
オズにより召喚された神々。
スルト
炎神。神刃型ドライバ【レーヴァティン】を使用。アカネ一行を強襲した際に炎才パブロフと対峙。
シグルス
水神。神刃型ドライバ【フロッティ】を使用。アオト一行を強襲、ほぼ全滅状態まで追い込む。
ヘズ
風神。神刃型ドライバ【ミスティルテイン】を使用。炎戯魔マクベスと道化嬢ドロシーの戦闘に介入する。
オーディン
光神。神刃型ドライバ【グングニル】を使用。美宮殿〈コロッセオ〉にいたヒカリを強襲するも、ティターニアに阻まれる。
ヘグニ
闇神。神刃型ドライバ【ダインスレイヴ】を使用。不夜城〈ナイトメア〉の椅子を求めてユカリの前に突如現れる。魔女王ヴァルプルギスが応戦。
ヘルヴォル
無神。神刃型ドライバ【ティルファング】を使用。ギンジ一行を強襲、彼らを無にする。
征服王
ギルガメッシュ
人と神の混種族〈ネクスト〉。 黄昏の審判の後に世界評議会最高幹部の椅子に就くことになるが、彼女が一体何者なのか、現状では明らかにされていない。
神主狐とその家族
ヤシロ
神主狐。団扇型ドライバ【クズノハ】を使用。神に反発し、扉の君降臨を阻止するべく『搭』へ向かう。
フシミ
ヤシロの妻。
イナリ
フシミの娘、狐の巫女。ヤシロとは血が繋がっていない。
観測者
クロノス
幾億万と繰り返されてきた世界の破壊と再生の歴史を、ドライバ【タイムレス・ワールド】と共に遥か彼方の刻の狭間から観測する神。趣味は通販である。
扉の君
扉の君
黄昏の審判の日、天高く聳える塔の最上階に突如として開かれた扉から現れた扉の君。だが、詳しいことはよく分かっていない。

2015-12-24 22:07:49