お取引状況の確認

戦国IXA攻略③ 合戦で戦功を上げる

  戦国IXA rmt

 
テクニック 
•ノック
•地雷の設置
•カウンター
•時間差攻撃
•釣り
便利情報 
•拠点回復スピード
•合戦時の心理状況
•出撃中に出城が落ちたらどうなるの?
 
限られた時間で効率よく、合戦でたくさんの戦功を稼ぐには、人口が多く、兵の数が少ない領主を、
多くの兵力で倒すことが必要です。
 
ノック
ノックとは、敵の陣、所領などを一人の武将だけで攻撃して、防衛部隊が居るかどうか確かめるテクニックです。
兵士は移動速度の速い騎馬兵系を使用し、迅速行軍などの速度アップスキルを所持していると更によいです。 
敵の所領などをノックして、被害が出なければその場所には敵がいないことをあらわしています。
攻撃部隊を出して、敵城の陥落を狙ってみましょう。ただし、攻撃中に敵が防衛部隊を配置する可能性もあるので、
敵の合戦報告書を見て、敵がパソコンの前にいるかどうか確かめることが重要です。
 
 
地雷の設置
地雷とは、兵士を大量(約3万以上)に配置している陣、所領などを指します。
相手が8000程度の1部隊で攻撃してきた時、その部隊を壊滅させることができます。
ゲーム内では、「座標:X:Yに設置した地雷をX:Yの○○が踏んだので、合同攻撃者募集」などのチャットがたまにあります。 
相手が大量に兵士を消耗していることを知れば、合同攻撃に参加してくれる同志も集まりやすいでしょう。 
地雷は、ゲーム開始2ヶ月程して、兵士に余裕が出来た人が行うテクニックで、最も効果を発揮するのは自分が攻撃側のときです。
地雷の使用例としてオーソドックスなものを一つ挙げます。
 
ターゲット選び
まず、本城人口650程度のちょっと育った城主を見つけ、陣を横にベタ付けします。
(戦国ixaにほぼ毎日ログインして人口を増やしている、合戦で兵士を動かしそう等の理由)
次に、その陣にコスト30分の武将と兵士を配置します。(1武将につき兵士2000人以上、コスト2程度が望ましい)
この際、陣のレベルアップは行わず、弱々しく見せておくとよいでしょう。
 
敵の攻撃を受け止める
敵の城主は陣をベタ付けされているという不快感と恐怖で陣を攻撃してくることがあるので、おいしくいただきます。
敵の城主一人では最大でも1部隊しか出撃できません。もし天のカードを4枚持っていても兵士数14000程度です。戦国イクサ rmt
 
兵士数8000程度で攻撃してきたのなら儲けもの。防御点をがっぽり稼げます。
課金のデッキココスト+10があれば、より強靭な地雷を設置できるので、財布と相談して検討してみるのも良いでしょう。 
ここで、そんなにうまく相手が攻め込んでくれるの?という疑問が発生しますが、心配は要りません。
相手は防御国ですので味方との位置が離れています。そのため、自分の城に陣がベタ付けされているからといって
「すみません、私の城の横にあるlv1の陣を合同攻撃で破壊して頂きたいのですが・・・」などとは言いにくいものです。
いつまで経っても攻撃してこないのなら、こちらから合同攻撃をして落としてしまいましょう。
 
敵が攻撃してきて兵士を削ったら、合同攻撃で落としましょう。
敵の兵士消耗が大きければ大きいほど、相手は戦意喪失して無血開城してくれる可能性が高まります
 
ただし地雷設置中は、本城、出城の防御が手薄になるため、注意が必要です。
防衛側で地雷を設置する場合、設置場所に気をつけましょう。相手の出城付近に設置すると
合同攻撃を受けて被害が大きくなる可能性があります。
 
カウンター
カウンターとは相手が攻撃を仕掛けてきて、自分の拠点に戻る瞬間の時間を計算して兵士を送り込むテクニックです。
戦国IXA以外のブラウザゲームでもよく使われています。
 
例として、午前11時にPCの前におり、突然敵襲ランプが点灯!距離10→残り58分後に着弾するとします。
速度10の、攻城櫓を使っている可能性が大。正午に着弾するとして、折り返しで相手が戻るのが午後1時、
自分は相手に対して午後1時0分5秒くらいに着弾するように兵士を出撃させる。 
といった感じで相手に攻撃を仕掛けます。 
しかし、戦国IXAではカウンターは成功しにくい仕様になっています。 戦国IXA 攻略
 
カウンターが成功しにくい理由
1、相手の拠点が地雷かもしれない
2、敵が移動速度UP武将を使用している場合、時間がぶれて回避される
3、課金の即時帰還システムを使用されるかもしれない
 
以上の理由によりカウンターは成功しにくいですが、テクニックの一つとして覚えておいて損はありません。
 
時間差攻撃
拠点を陥落させたい場合、敵拠点に防衛部隊がいるとなかなか思うように耐久値を減らせません。
ですので、待機部隊を全て排除した上で、敵に防衛部隊を再配置される前に破城槌などの攻撃で耐久値を削る必要性があります。
そこで有効な戦法が着弾する部隊を複数に分け、5秒ほどの時間差で立て続けに
敵を攻め立てるという戦法です。具体的には、敵の拠点にまず騎馬、槍、弓の3種混合部隊などで敵の防衛部隊を一掃します
(露払い部隊)。その5秒後ほどに拠点にダメージを与えることを目的とした破城槌、
槍を主戦力とした部隊を着弾させます(攻城部隊)。
 
やり方としては、まず足の遅い破城槌、槍の攻城部隊を目標拠点に出立させます。
そこで、到達予定時刻を確認し、露払い部隊が攻城部隊の5秒ほど前に着弾するように部隊を出させます。
こうすることで時間差攻撃の完成です。攻城部隊が槍のみの場合は、露払い部隊と進軍速度が
一緒の時もありますので、その場合は露払い部隊を先に出発させます。
露払い部隊が騎馬隊のみの場合は槍より速いので注意してください。
速度は、馬[22]、槍[15]、弓[16]、槌[8]です。
 
詳しくはヘルプを参考にしてください。(一番下の兵士一覧を参照 http://sengokuixa.jp/help/ixa_help05.html )
 
合戦時、同盟の人たちと、敵盟主を攻める時などにも使えますが、
敵盟主の城に援軍があまりいない場合など、歩兵の力だけで一気に落とせる場合には
この方法は必要ありません。
 
釣り
敵を釣るという意味のテクニックです。まず、狙った敵の合戦報告書を見ます。 
敵が活発に活動していて、陣などを攻撃する時によくノックをするようなプレイヤーであれば、
ノックを誘うようにわざと空の陣を敵の近くにつくり、攻撃をさせて、陣の破壊部隊が来た時に防衛部隊を配置し、
陣を攻撃してきた部隊を返り討ちにするという戦法です。防御ポイントを稼ぐことが出来ます。
 
敵の攻撃がノックなのか、本気攻撃なのかをある程度予想する必要があります。 
自分の所領をエサにして敵にノックさせると、たいてい二回目は本気攻撃が来るので、成功率が高まります。
 
拠点の耐久力回復スピード
調べた拠点:出城(Lv3)
1分間に回復する量:約70(68~70) 戦国IXA 最安値
 
Cβのときは1分間に18.5くらいしか回復しなかったので、それに比べると3.7倍くらいになっています。
拠点潰すときは合流攻撃とかベタ付け攻撃とかで一気に耐久削ることをおすすめします。
 
合戦時の心理状況
※合戦相手に関する心理的メカニズム
空き巣狙いが出来る分「攻撃国」が有利
①格上との「防衛戦」は避けたい
②格下との「攻撃戦」を望む 
しかし、どの国もそう考えるので、その結果
③格上に対する「攻撃戦」
④格下に対する「防衛戦」
でないと合戦が成立しにくい。
 
出撃中に出城が落ちたらどうなるの?
自分の本城が落ちても、出城から攻撃部隊を出していればその攻撃はちゃんと相手に着弾します。
 
出城、本領から攻撃を出している間に落とされる→着弾する。
陣から攻撃を出している間に陣が落とされる→帰還するための陣そのものがないので、
攻撃は全てキャンセルされ部隊は出城にワープする
 
本城が陥落してから、3時間後に復活する「権利」がもらえます。復活する!ボタンを押さなければ
自分の所領は誰からも攻撃されることはありません。
現在は、本領が落ち、3時間経過した場合、領地(旗だけの土地)は攻撃されるようになりました。
所領(砦、村)については攻撃されません。
2014-7-22 20:46:48