お取引状況の確認

『ダークフォール RMT』予定されている仕様変更について

ダークフォール RMT』今予定されている方法変更項目について説明させていただきます

・ゲームガード「nProtect」の導入
チートや外部ツール使用などを自動的に検知して防ぐゲームガード「nProtect」を導入予定です。
今後はゲームクライアント内の検知プログラムとゲームガードが並行して不正利用を検知・即時対処する形となります。

・初心者プレイヤー保護仕様の導入
PP4000以下のプレイヤーを保護する仕様が導入されます。
以下の仕様が適用されます(現在調整中のため、変更される場合があります)。
 1.危険度Iと危険度IIのエリア内では、PP4000以下且つ国籍が同じキャラクターに対してトドメを刺す事ができなくなります。
 2.PP4000以下のキャラクターは、自分以外のプレイヤーの墓をルートする事ができなくなります。

・他IMEへの対応
 現在は強制的にMS-IMEへ切り替えさせて頂いておりますが、Google日本語入力について、使用可能になるよう対応を予定しております。

・外国語チャットフィルタリングを含むチャットUI改善
 チャットUIの全体的なリニューアルが予定されております。
 外国語チャットフィルタリングについては、現在は仮仕様として国別グローバルチャンネルが増設されております。

・チャットバルーン(吹き出し)
 エリアチャットでチャットバルーンが表示される機能を実装予定です。

・ゲーム内フォントの改善(漢字のサイズ修正)
 現在漢字のサイズがひらがなやカタカナと異なるため、視認性を向上させる作業を予定しております。

また、以下の件について仕様変更を検討しております。
※検討の結果実装を見送る場合や、内容が変更される場合がございます。予めご了承下さい。

・頭上の国籍マークの表示方法変更
・キャラクター名文字数制限の変更
・クラン内のパーティ作成・管理機能の導入
・全クランの侵略戦/宣戦布告状況の閲覧機能の導入

上記、導入予定項目や検討中の仕様変更についてのご意見や、新たなご要望・ご提案などにつきましては、公式サイトのお問い合わせから、ご連絡下さいますようお願い致します

ダークフォール RMTは最安値ですので、もし必要でしたら、ぜひお気軽にご利用ください。

2014-7-4 14:29:17