お取引状況の確認

『戦国 RMT』ソロで攻める場合の拠点と陣の距離について

戦国 RMTソロで攻める場合、結合ではなくて、単独で拠点を攻撃する時、拠点(城と村)と情勢のはいわゆる距離はとても重要です。

もしも、初心者なる時、交戦して慣れない時自分で情勢の張力の方法をも誤解したため、参考になります。

防衛側の時の小城になって情勢の距離とどう同じくすることはできなくて、でもなって、攻撃の方面の時に自分は距離を調整することができます。

まず、初心者の時によくよくして、研究する拠点(城と村)と情勢の距離2以上はそれます。

もしも複数の拠点が近くでまくため、情勢を敷いてその中間の場所に着いて複数のために対象を攻撃することができて、便利なことをの考慮して、でも、これは間違いです。

共同でもしも攻撃するための情勢が使ったら問題の距離がなくて、単独で研究する情況の情勢の張力の基本、研究する拠点と情勢の距離は1~1.5以内のを要します。

理由は以下通り:
もしもと相手の距離はそれて、出撃から故郷へ帰るラウンドトリップ時間の事まで(に)使います。これによって、とても良い人が甲板を読んでいたずらにして攻撃を始めて、出撃の後で、偶然だ攻撃に時部隊のに故郷へ帰るように待つに余裕で、に対処しないで対応する状況のを形成しないのに陥って言うになるもあります。出撃は短いこのような事まで、守っている点も部隊の配置がするのが容易です。

出撃は遠いまで、意外なハイエナの情況になりがあります。遠い事の弾が命中する時間の前間まで開くためため、異なる人の攻撃する状態の事になって、つもりがないハイエナの発生する可能性は高い(高い)になります。これを称して形のない不可抗力を防御することができてに、でも、長距離の攻撃から来ても発生する騒動の原因になりました。相手とハイエナで揉め事にならないよう考慮したい所です。

相手に守られた可能性のがありに気づかれます。ようやく相手は時使って、距離がはるかに時間を使いを攻撃して、相手に発見させられるかもしれません。無血で落とせる所が思わぬ反撃を喰らう時もあるので、要注意です。

戦国IXA RMTの通貨販売サイトrmt-spです.安心、安全、スピーディーなRMT取引を心がけています。

2014-7-4 14:23:38