お取引状況の確認

『戦国IXA RMT』合戦中、他同盟の人のノック結果を信じてはいけない

戦国IXA RMT合戦中に、夕方後で同じく残る城、すでにその他の人がためたたいた後に、たたく人は見落として、もしもその結果がもしも共同でもうすぐなくして下ろすことができたらを判断するのを見て、普通は同盟員の連絡とと情勢をして間近でもあると思います。

同じ同盟を要する人は使う武をたたくで兵種となどのを詳しく同じく確認することができて、でも、その他の同盟の人のが結果の物事をよく検討せず鵜呑みにする話をたたいて痛い目のすべてを見ます;

慎重な人は自分で恋しい思いをたたくで再度確認して、もしも実際に試みていて再度確認して、この全く異なる結果になります。

だから、まず自分で確認した後の人は非の打ち所がないかも知れません。

たたく結果は相手のが戦士を防御するためとと使う武をたたいて兵数・兵種によってをどのくらい同じく変化して、なぜかというと確立させられた可能性がそれぞれに独りでの方法をたたくもあってやはり同じ基準を思わないかも知れません。

以前↑記載したのは最後にやはり基本的でで、これはそれは応用の30に鉄にたたいて乗ってその他をたたくようにもあって、でも、それに関してまたどれです。

その他の人のは結果をたたいて、技巧がただ始めていないのではありませんか、使ったのは武をたたいて剣客ではありませんかのでしょう、高い攻撃力のスピードの武はやはり(それとも)を明瞭ではない初期状態の序文が人員をたたいて一部はなぜかというと多く、またたたくで安心して確認するのではありませんか。

その中が巧みに地雷の人にもあるように教育するため、おきてのかね尺の背面の目盛りはまたたたくもありを出して、臨機応変に分けて使用したい場所。

もしも村などの耐久力のない場所、必ず攻撃したのに告知してたたいて走らせ決してなければならないのではなくて、高速奇襲の効果があります。

そして、ゲームを楽しみたい、 戦国IXA RMTしたい方は、是非【RMT-SP】ご利用ください。

2014-7-4 14:23:38