お取引状況の確認

ゲームニュース

【原神 RMT】,インゲーム映像にメディアからの賛辞を乗せた“スペシャルサンクス”トレイラーが公開 サッカーシミュレーション「FIFA 21 RMT 」は、次世代機が登場する前の“端境期”にある 【FIFA21キャリア】おすすめ若手「LB」12選【固有フェイス】 【FIFA21 RMT】1万7000人以上の選手を収録したシリーズ最新作「FIFA 21」が本日リリース。ローンチトレイラー「ひとつになって勝利をつかめ」を公開 「FIFA21 RMT」のゲームプレイに関する最新情報が公開。創造性・流動性・レスポンスの良さをテーマにした改良へ 【FIFA 21 RMT】ペナルティキック(PK)の攻略方法を解説 【FIFA21 RMT】サッカーシミュレーション「FIFA 21」は、次世代機が登場する前の“端境期”にある:ゲームレヴュー 「FIFA21 RMT」のゲームプレイに関する最新情報が公開。創造性・流動性・レスポンスの良さをテーマにした改良へ 【FIFA21 RMT】は期待大! ポイントは“ライブ感”と“現実感” 1vs1が大きく進化【プレイしてみた】 「FIFA21 RMT」のゲームプレイに関する最新情報が公開。創造性・流動性・レスポンスの良さをテーマにした改良へ

注目ゲーム

メイプル2 RMT メイプルストーリーM rmt MU LEGEND RMT アルピエル RMT FIFA18 RMT ツリーオブセイヴァー RMT TOS RMT|Tree of Savior rmt イカロスオンライン RMT アトランティカ RMT メイプル RMT リネージュ2 RMT FF14 RMT PSO2 RMT 戦国IXA RMT ブレイドアンドソウル RMT DQ10 RMT アラド戦記 RMT

サッカーシミュレーション「FIFA 21 RMT 」は、次世代機が登場する前の“端境期”にある


 サッカーシミュレーションゲームの最新作「FIFA 21 RMT 」が発売された。新要素が増えるなど確実に進化している本作だが、必ずしも待ち望まれた変化ばかりではない。全体的な出来は悪くないのだが、ゲーム機の世代交代の狭間において“膠着状態”にあるという雰囲気が感じられる──。『WIRED』UK版によるレヴュー。

世界は奇妙で混乱に満ちているが、それでもまだ信頼できるものはいくつか残っている。毎年、秋が訪れて風が冷たくなって木の葉が色を変え始めるころ、エレクトロニック・アーツ(EA)がサッカーシミュレーションゲーム「FIFA」シリーズの最新作をリリースするのだ。

「FIFA 21」は、世界のサッカー界にとって少し奇妙な時期に発売されることになった。この半年以上、大半の国のサッカーは無観客で試合が開催されているからだ。実際のところ、一部の放送局は本物のサポーターが観戦しているような雰囲気を出すために、FIFAシリーズの音声を流している。本シリーズのサウンドが、それだけリアルであることを示す一例だ。

しかし、その他の面で本作は、シリーズの過去の作品よりも現実のサッカーから遠ざかっているように感じられる。特に現実世界のトップレヴェルでは、ヴィデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)制度が導入されたことで、得点のパターンやディフェンダーの動きが根本から変わったことが大きい。こうしたことはFIFA 21には一切反映されていないが、全体的に考えればいいことなのかもしれない。

 

“エキサイティング”な新要素が続々

例年通り、EAはゲームプレイに小さな変更を加え、それをエキサイティングな新要素として売り出している。今年の目玉は「アジャイルドリブル」だ。巧みな親指の操作と右のバンパー(「R1」や「RB」)ボタンを組み合わせることで、ソーシャルメディアで“バズる”ような派手なフットワークを繰り出せる。

これは「フェイスアップドリブル」や「ストレイフドリブル」に続く新要素だ。実際のところ、個人的にはこうしたさまざまなドリブルをどのように状況ごとに使い分ければいいのかよくわかっていないが、これらをうまく使いこなせるプレイヤーを相手にすると、怒りが込み上げてくることは知っている。

また、ポジショニングにも重点が置かれている。例えば現実のサッカーと同じように、優れたAIプレイヤーはスペースをうまく使い、「ポケット」に流れてシュートを打つための空間をつくり出す。

 

プレイヤーはオフ・ザ・ボールの動きもより細かくコントロールできるようになった。右スティックのフリックでチームメイトを思い通りのスペースに走り込ませ、キラーパスを出せるのだ。また、両方のスティックを同時に押し込むことで、操作するプレイヤーを固定するオプションまである。これは素速いパス&ゴーには最適といえる。

 

ピッチ上のグラフィックはいつも通りだが、いくつかのモーションが追加されたことで現実の動きに近づいた。キリアン・エムバペが浮き球のスルーパスをももでコントロールしてゴールに迫っていった場面は、ひとつの好例だろう。「コリジョンシステム」は調整が加えられ、選手はスライディングタックルをジャンプで回避し、ディフェンダーはゴール前で行きあたりばったりのドタバタ劇を演じなくなった。

2020/11/2 20:31:37