お取引状況の確認

『FIFA21』と『ウイニングイレブン2021』。2020年秋はどちらを買うべき?


【サッカーゲーム最新情報】『FIFA 21』と『ウイニングイレブン2021』。どちらのゲームを買うべきなのか。最新版を徹底比較する。

毎年、サッカーファンにとって悩みの種となるのが「FIFA or ウイイレ」問題だ。

EAスポーツのFIFAシリーズとコナミのウイニングイレブンは、どちらもゲーム業界ではベストセラーとなっているが、最近ではウイニングイレブンが改良をみせており、FIFAに流れてしまったファンを引き戻すことに成功しているようだ。なかには、どちらか一方を選ぶことのできない熱狂的なサッカーゲームファンも存在している。

もしあなたが『FIFA』か『ウイニングイレブン』のどちらかをプレーしたいと思っているならば、今回紹介する最新タイトルの比較が役に立つはず。それぞれのゲームがどのような魅力を持っているのかまとめてみた。

目次

比較その1:グラフィック

FIFAとウイニングイレブンでは、どちらも開発者がゲームのビジュアルデータをレンダリングする際に同様の手法を採用しているため、両者共に非常にクオリティの高いグラフィックが楽しめる。

世界最高峰のプレーヤーたちが信じられないほどのディテールで再現されており、選手の動きや見た目だけでなく、彼らがプレーするスタジアムも非常に細かいところまで作り込まれている。

ウイニングイレブンに関しては2021は、シーズンアップデートとなり、チームや選手のアップデートにとどまることが決まった。

ウイイレは2022年版にUnreal Engineを使用する次世代機向けのコンテンツになることが決定しており、大幅なゲームモードの進化は2021年秋発売のウイイレ2022で体感することになりそうだ。

一方でFIFA21は、新発売となるPlayStation®5とXbox Series Xに対応。Xbox Series Xは2020年11月10日に販売が決定。FIFAでは無償アップグレードに対応しており、ビジュアルの大幅な進化が期待される新型ゲーム機でよりリアルなプレイを体感できそうだ。


目次

比較その1:グラフィック

FIFAとウイニングイレブンでは、どちらも開発者がゲームのビジュアルデータをレンダリングする際に同様の手法を採用しているため、両者共に非常にクオリティの高いグラフィックが楽しめる。

世界最高峰のプレーヤーたちが信じられないほどのディテールで再現されており、選手の動きや見た目だけでなく、彼らがプレーするスタジアムも非常に細かいところまで作り込まれている。

ウイニングイレブンに関しては2021は、シーズンアップデートとなり、チームや選手のアップデートにとどまることが決まった。

ウイイレは2022年版にUnreal Engineを使用する次世代機向けのコンテンツになることが決定しており、大幅なゲームモードの進化は2021年秋発売のウイイレ2022で体感することになりそうだ。

一方でFIFA21は、新発売となるPlayStation®5とXbox Series Xに対応。Xbox Series Xは2020年11月10日に販売が決定。FIFAでは無償アップグレードに対応しており、ビジュアルの大幅な進化が期待される新型ゲーム機でよりリアルなプレイを体感できそうだ。

目次

比較その1:グラフィック

FIFAとウイニングイレブンでは、どちらも開発者がゲームのビジュアルデータをレンダリングする際に同様の手法を採用しているため、両者共に非常にクオリティの高いグラフィックが楽しめる。

世界最高峰のプレーヤーたちが信じられないほどのディテールで再現されており、選手の動きや見た目だけでなく、彼らがプレーするスタジアムも非常に細かいところまで作り込まれている。

ウイニングイレブンに関しては2021は、シーズンアップデートとなり、チームや選手のアップデートにとどまることが決まった。

ウイイレは2022年版にUnreal Engineを使用する次世代機向けのコンテンツになることが決定しており、大幅なゲームモードの進化は2021年秋発売のウイイレ2022で体感することになりそうだ。

一方でFIFA21は、新発売となるPlayStation®5とXbox Series Xに対応。Xbox Series Xは2020年11月10日に販売が決定。FIFAでは無償アップグレードに対応しており、ビジュアルの大幅な進化が期待される新型ゲーム機でよりリアルなプレイを体感できそうだ。

目次

比較その1:グラフィック

FIFAとウイニングイレブンでは、どちらも開発者がゲームのビジュアルデータをレンダリングする際に同様の手法を採用しているため、両者共に非常にクオリティの高いグラフィックが楽しめる。

世界最高峰のプレーヤーたちが信じられないほどのディテールで再現されており、選手の動きや見た目だけでなく、彼らがプレーするスタジアムも非常に細かいところまで作り込まれている。

ウイニングイレブンに関しては2021は、シーズンアップデートとなり、チームや選手のアップデートにとどまることが決まった。

ウイイレは2022年版にUnreal Engineを使用する次世代機向けのコンテンツになることが決定しており、大幅なゲームモードの進化は2021年秋発売のウイイレ2022で体感することになりそうだ。

一方でFIFA21は、新発売となるPlayStation®5とXbox Series Xに対応。Xbox Series Xは2020年11月10日に販売が決定。FIFAでは無償アップグレードに対応しており、ビジュアルの大幅な進化が期待される新型ゲーム機でよりリアルなプレイを体感できそうだ。

目次

比較その1:グラフィック

FIFAとウイニングイレブンでは、どちらも開発者がゲームのビジュアルデータをレンダリングする際に同様の手法を採用しているため、両者共に非常にクオリティの高いグラフィックが楽しめる。

世界最高峰のプレーヤーたちが信じられないほどのディテールで再現されており、選手の動きや見た目だけでなく、彼らがプレーするスタジアムも非常に細かいところまで作り込まれている。

ウイニングイレブンに関しては2021は、シーズンアップデートとなり、チームや選手のアップデートにとどまることが決まった。

ウイイレは2022年版にUnreal Engineを使用する次世代機向けのコンテンツになることが決定しており、大幅なゲームモードの進化は2021年秋発売のウイイレ2022で体感することになりそうだ。

一方でFIFA21は、新発売となるPlayStation®5とXbox Series Xに対応。Xbox Series Xは2020年11月10日に販売が決定。FIFAでは無償アップグレードに対応しており、ビジュアルの大幅な進化が期待される新型ゲーム機でよりリアルなプレイを体感できそうだ。

比較その2:ライセンス

EAスポーツのFIFAシリーズはフルライセンスを獲得しているチームが多く、長きにわたってこの点でコナミのウイニングイレブンを凌駕してきている。2020年にリリースされる新たな作品でもこの傾向は変わらないだろう。

たとえばFIFA 20では、欧州5大リーグを含む37のリーグで、700を超えるチームがライセンス登録されてある。一方のウイニングイレブン2020では、フルライセンスを獲得したリーグが19にとどまっており、プレミアリーグとラ・リーガでフルライセンスを獲得したチームはわずかとなっている。

過去にはウイニングイレブンの中でまったく適当に名付けられた架空のチーム名がマニアの間で好評だったこともあったが、コナミは改善に取り組んでおり、過去5年の間にリーグ・アンやセリエAを含む多くのリーグとライセンス契約を結んできた。

またウイニングイレブン 2020ではバルセロナ、マンチェスター・ユナイテッド、そしてユヴェントスといった強豪クラブとのパートナーシップを結んでいた。ユヴェントスはコナミと独占的な契約を結んでいたため、FIFA 20ではユヴェントスのチーム名を「ピエモンテ・カルチョ」に改名することを強いられている。

また、ローマに関してもコナミと独占パートナーシップ契約を結んだため、ウイイレには登場し、FIFAには実名では登場しない。

一方で、ウイニングイレブンについては次作以降、セリエAのインテルとミランとのライセンス契約が終了したことにより、実名で登場しないことが決定している。一方でFIFAがインテル、ミランとの独占パートナーシップ契約を締結。サン・シーロがゲーム内で初めて再現されることとなりそうだ。

ハビエル・サネッティやアンドリー・シェフチェンコといった両クラブのレジェンドがFUTモードで登場する可能性も伝えられている。

比較その3:プレーの快適さ

他の項目と同様、快適にプレーできるかどうかも重要な指標だ。この点、ウイニングイレブンシリーズが長きにわたってリアルなプレー感に対して高い評価を得てきている。

それとは対照的に、FIFAはそのゲームプレイ・スタイルについて「アーケード的」であるとの評価を受けてきた。しかし、これは必ずしも低い評価というわけではない。その売上高をみれば、実際にFIFAのプレー感が多くの人々を楽しませていたことがわかる。FIFA 21に関しては、多くの新機能が用意されている。

新機能での特筆すべき点といえば、新登場のアジャイルドリブル(高速ドリブル)システムだ。スピーディーなフットワークにより、1対1の状況でコントロールとレスポンスが向上することにより、ディフェンダーを置き去りにすることが可能になるという。また、ゴールセレブレーションについても相手が不快と思われる表現は省かれ、よりゲームプレイに集中できるようになるという。

ウイニングイレブン 2021は、シーズンアップデートにとどまるため、プレーモードの快適さは2020年バージョンと変わらない設定となる。

比較その4:ゲームモード

FIFAもウイニングイレブンもそれぞれ独自のゲームモードを充実させており、これが大きな成功の要因となっていた。FIFAのアルティメットチームやキャリアモード、ウイニングイレブンではマイクラブやマスターリーグがこれにあたり、こうしたゲームモードは継続されるだろう。

通常新たなタイトルでは、ゲーマーの意見や開発者自身のアイデアといったフィードバックに基づき、より良いゲーム体験のための改善が加えられるはずだ。

FIFA 21のキャリアモードに関する動画が解禁されたので、ぜひ参考にしてほしい。

ウイニングイレブンは、FIFAのアルティメットチームやキャリアモードと同様のゲームモードを備えているが、FIFA 20でお披露目された、ストリートやインドアフットボールを体験できるVoltaモードのようなゲームモードは備えていない。

VoltaモードはEAスポーツが思い描いていたほどの大成功を収めることはなかったが、一定のファンを獲得した。これによりFIFAは、ウイニングイレブンでは体験できない新たなインセンティブを獲得したことになったため、このモードは継続されるだろう。

しかしウイニングイレブン2021では、新型コロナウイルスによるパンデミックでウイニングイレブン 2020において配信延期を余儀なくされたEURO2020モードに代わる、EURO2021モードを体感することができる。

なお、現実世界では世界各国リーグや大会で導入されているVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)については、FIFA 21とウイイレ2021ともに搭載しないことが判明している。

比較その5:価格

FIFA21の販売価格について、PS4価格で3日前からの早期アクセスが可能なUltimate Editionが13,000円、Champions Editionが10,700円となる。なお、販売日の10月9日から利用できるStandard Editionは8,700円(いずれもPlayStation Storeの価格)となる。

ウイイレ2021については、Standard Editionが3,980円、Club Editionが4,480円とFIFA21より低価格での展開となっている。また、ウイイレ2020ユーザーは同価格より20%オフで購入することができるため、非常に低価格で購入することができる。能力値などの速報も以下の記事で紹介している。

比較その6:PS5、次世代Xboxへのアップグレード

2020年11月に発売されるPlaystation 5ならびにXbox Series X。いずれも次世代機というだけあり、予約開始とともに非常に注目を集めている。

現時点で『FIFA 21』をリリースするEAスポーツは、PS4ならびにXbox OneのFIFA 21を購入していれば、PS4からPS5、Xbox OneからXbox Series Xへの無償アップグレードに対応することを発表している。つまり、PS5、XBox Series Xを購入予定のユーザーは、二度ゲームソフトを買う必要がなくなる。

デジタル版ではなく、パッケージ版を購入した場合でも、PlayStation 5版をダウンロードしてプレイすることが可能(Xbox OneとXbox Series Xでも同様)。ディスクドライブを搭載した次世代コンソールを購入すれば、デュアルエンタイトルメントを利用してアップグレードすることが可能である。アップグレード後もPS4とPS5それぞれでFIFA 21を楽しむことができるという。

なお、ウイニングイレブン2021に関してはPS4版がリリースされたが、PS5への無償アップグレードならびにPS5ソフトを販売するかどうかは、現時点で公式に発表していない。

PS5ならびにXbox Series Xについての最新情報は下記からチェックしてほしい。


2020/10/19 13:04:42