お取引状況の確認

FIFA18 RMT ワールドクラス ディフェンス


FIFA18 RMT

自分のフォーメーションを意識し、適切なポジショニングをすること。

 

例えば、SBがオーバーラップしているのならば、CBかWG、場合によってCMはカバーすることを意識しなくてはいけない。誰かがカバーに動いたならば、動く前の場所には、スペースが空いてしまっていることも意識しなくてはいけない。

基本的には、自由の効くCMを操作するのが良いだろう。多くの場合で、中央に相方がいるだろうから、その相方のポジションを見ながら、ボールホルダーに寄せていく。

スペースは出来るだけ埋める。スペースを開けてしまったとしても、そのスペースを使わせないようにする。

ボール奪取のためには、周囲の選手との、線で繋がったようにプレスする連携が必要だが、その一方で、面で守る守備意識もないと、安定したディフェンスは構築できない。

この難易度あたりから、OVRに差があるようだと、ボールホルダーにすら、追いつけず離されていくシーンが散見される。能力差がある場合は、常に先行して、走行ラインを潰す必要がある。

2017-11-7 19:24:07