お取引状況の確認

ゲームニュース

RMT ArcheAge 人気キャラクター「ぐでたま」とのコラボ第一弾イベント開始 RMT ArcheAge サービス開始3周年記念「ルシPと行く!東西島ツアー」開催決定 RMT アーキエイジ 乗り物(機械) RMT アーキエイジ 乗り物(グライダー) RMT ArcheAge のこれまでを振り返る,「Pmang感謝祭」スペシャルステージレポート RMT ArcheAge 大型アップデート「ノアルタの建国」プレイレポート。プレイヤーからの支持を得て,領地,そして国家を発展させよう RMT ArcheAge 4月27日実施予定の次期アップデート「ノアルタの建国」の特設サイトが更新。アバターにステータスを付与できる新システムの情報などが公開に 「ArcheAge RMT」の大型アップデート“ノアルタの建国”は4月27日に実装。先行体験会を4月23日に秋葉原で開催 「ArcheAge rmt」のアップデート「覚醒する鼓動」が本日実装。インスタンスダンジョン「饗宴の園」のボスがさらに手強くなって登場 「ArcheAge RMT」のXLGAMESが,3Dゲームエンジン「XLE」をオープンソース公開。MMORPGなどの開発に適した拡張性がウリ 「ArcheAge RMT」次期アップデート「饗宴の園」で古代の財宝を発掘する新コンテンツ「貿易船サルベージ」が実装に 「ArcheAge RMT」次期アップデート「饗宴の園」の最新情報。ついに木の上で生活できるように

旧大陸開拓の拠点を築け!「ArcheAge」の大型アップデート「ノアルタの開拓者」プレイレポートを掲載

 ゲームオンは2015年10月21日に,オンラインMMORPG「ArcheAge」で大型アップデート「ArcheAge2.0 ノアルタの開拓者」を実施する。
 このアップデートでは旧大陸の新要素を開拓するための遠征隊機能が拡張され,遠征隊を支える勢力拠点がスパーキングビーチに建造可能になるというものだ。また,従来のダンジョンを大きく超える難度のダンジョンが多数実装され,それと同時に新たな装備品が数多く手に入るようになる。これらのアップデート内容は,公式サイトで章仕立てで公開されているが,本稿でもそれにならい,テストプレイで得た詳しい内容を,3つに分けて紹介していこう。
スパーキングビーチに旧大陸開拓の足掛かりを築け
勢力の力を合わせて堅固な勢力拠点を完成させよう
 第1章で紹介されている「再興する大地」は,旧大陸の再興,探索の足がかりとして,スパーキングビーチに建設される勢力拠点がメインのコンテンツとなる。この勢力拠点はスパーキングビーチのエアナード廃墟の周辺に建設される。建設できるのは東勢力と西勢力の計2拠点だけで,海賊勢力の拠点はない。
 勢力拠点には初期状態を含めて3段階の発展がある。その段階に応じて,拠点の外見が変わるだけでなく,受けられるデイリークエストが増えるといったさまざまな恩恵が得られるようになる。
西拠点は西洋風のつくり。画像はまだ第1段階のため,外壁などは作業中といった感じだ 
東拠点は瓦作りの和風建築。第3段階まで発展すると威風堂々とした城になるようだ 
 勢力拠点を発展させるためには,石材,木材などの資材のほかにそれぞれの住宅地域にある共同施設でデイリークエストを請け負い,材料となるアイテムを納品することが必要になる。クエスト自体は個人でも請け負えるが,必要となるアイテムの数はかなり多いので,各勢力が一丸となってクエストをこなしていく必要がありそうだ。なお,デイリークエストで要求されるアイテムは,勢力拠点近くにある住宅地域の共同施設の製作台で用意できる。
旧大陸への進出は,戦う力だけでなく資材を調達する能力も必要となる。勢力が一丸とならなければ,道は開けないのだ 
 また,勢力拠点の建築だけではなく,勢力拠点と住宅地区を結ぶ大きな橋も架けられるようになる。この橋がなくても勢力拠点と住宅地区間の移動は可能だが,移動時にフィールド上のモンスターとの戦闘が発生してしまう。アイテムを納品するために,安全かつ素早く移動したいところなので,橋の完成は急務と言えるだろう。橋の建築についても勢力拠点と同様に,クエストで資材を納品することで進む。こちらもしっかりとこなしていきたい。
勢力拠点と同様に,資材を納品することで段階的に橋が延びていく。青緑色をした半透明の橋は,なんとも幻想的だ 
 これら拠点の周辺は,現実時間の特定の時間帯だけPvPが可能となっている。敵勢力が目と鼻の先にあることもあり,争いが起こりやすいが,困ったことに敵対するのは相手勢力だけではない。勢力拠点の付近に存在するシャティゴン要塞も脅威の1つだ。
 要塞の攻略は,周辺に出現するモンスターを排除しながら,攻城兵器で要塞を攻撃するというものになる。しかし,この要塞のHPは190万と非常に高く,陥落させるのはかなり大変そうだ。
 さらにこの要塞を破壊しても,勢力拠点が第3段階に到達している場合は,シャティゴン軍が勢力拠点へ攻撃を仕掛けてくる。その攻撃で開拓団の団長が倒されると,せっかく発展させた勢力拠点がレベルダウンしてしまうのだ。それを阻止するためには,この要塞を破壊するしかないのだ。
要塞に浮かぶ物体が攻撃を仕掛けてくる。この攻撃とモンスターから,仲間や攻城兵器を守りながら戦うことになる 
要塞にダメージを与えられるのは攻城兵器のみ。攻城兵器をどれだけ集められるかが,要塞攻略戦のポイントになりそうだ。要塞のHPが非常に多いため,長期戦は避けられないだろう 
最大1000人規模の都市PvPが実現可能に?
遠征隊を強化して活動範囲を拡大せよ
 続く第2章では「その絆は光」と題して,「遠征隊」の発展に関する情報が公開されている。遠征隊とは,最大で800人まで所属できるギルドのようなものだ。
 遠征隊は勢力拠点のNPC遠征隊管理人と話すことで結成できる。今回のアップデートでは,この遠征隊にレベルの概念が追加され,レベルが上がるごとに遠征隊に参加しているプレイヤーに常時Buffが付くようになる。例えば,レベル1は「疾走スキルの速度15%増加」,レベル2になるとレベル1のBuffに加えて「経験値獲得量7%増加」のBuffが追加で付与される。このように,レベルが上がるごとに付与されるBuffの種類も増えていくのだ。
 では,どのようにすれば遠征隊のレベルを上げられるのかというと,「遠征隊任務」を達成していけばいい。遠征隊任務には「イリオン基地開拓」や,「旧大陸の浄化:汚染阻止」など,いくつかの種類がある。「イリオン基地開拓」は,住宅地域のNPCから受けられる規定デイリークエストを一定数クリアすることで達成となり,遠征隊に経験値が入るようになっているが,中には「イリオン基地城壁建設」「イリオン基地開拓1段階」「イリオン大橋建設」など,前述した勢力拠点や橋の建設などを進めるデイリークエストも含まれている。つまり,遠征隊を結成してデイリークエストをこなせば,遠征隊レベルも上がるし,勢力拠点や橋の建設も進んで一石二鳥というわけだ。
遠征隊任務の1つである「イリオン基地開拓」は,提示された5つのデイリークエストのうち,どれかをクリア(種類は不問)すればすれば達成となる 
 遠征隊任務などをクリアすると,経験値とともに「遠征隊貢献P(ポイント)」が,遠征隊メンバーそれぞれに配られる。このポイントは「貢献P商店」で,マントなどの装備品や休戦条約の協定書,冥府の炎といった消費アイテム,各種クレセントストーンなどと交換が可能だ。
 さらに遠征隊にはもうひとつコンテンツがある。それが遠征隊同士のPvP「遠征隊バトル」だ。これは,30分の制限時間内でキル数を競う,ArcheAgeでは8つめとなるPvPコンテンツだ。ほかの遠征隊に“宣戦布告”を行うと,それぞれの遠征隊隊員全員がPvPの対象になる。勝利した遠征隊には多くの遠征隊経験値(負けた側もわずかだが)を入手できる。
 また,宣戦布告された側は承諾なしに一方的にバトルへと突入するため,そのあたりはバトル前に遠征隊同士で事前に話し合って相手の同意を得てからバトルをしたいところだ。なお,遠征隊バトルの詳しいルールやマナーについては公式サイトで解説されているので,そちらも確認しておこう。
 参加条件は遠征隊レベルが3であることのみ。ただし,同じ遠征隊へのバトルは1日3回までという制限がある。従来のPvPコンテンツ「麦畑を揺るがす戦い」や「赤露の戦い」のように,開催時間や開催場所が決まっておらず,またPvPを行う場所にほとんど制限がないので,これまでやりたくてもできなかった市街戦PvPなども行えるようになるなど,さまざまな遊び方ができそうだ。勝敗に関係なく,(獲得量はともかくとして)遠征隊経験値が得られるので,PvPの演習のつもりで参加してみるのも良いかもしれない。
強力な敵がわき出る「古代等級」ダンジョンが実装
さらにエアナードの最深部には,巨大なボスモンスターも出現
 最終章となる第3章「未知への挑戦」では,このアップデートで実装される「古代等級」ダンジョンと,インスタンスエリア「エアナードの心臓」の2つが紹介されている。
 「古代等級」ダンジョンは,既存のダンジョンにレベルの高いモンスターが出現するというアップデートだ。
 ダンジョンが増えるというよりは,各ダンジョンに高難度モードが実装されるといったほうが分かりやすいだろう。対象となるダンジョンは,「ウエストイシュバラ王宮地下」「コールドウィンド廃鉱」「ブルタン城武器庫」「ハディル農園」「グロウルホール」「破壊のゆりかご」の6つ。これらへのダンジョンの入場時には従来のものに加えて,紫色の入場アイコンが出現する。紫のアイコンで入場すれば,「古代等級」モードのダンジョンへ入れるというわけだ。
 「古代等級」ダンジョンに出現する敵は,種類こそ従来と同じだが,レベルが50に上がっている。推奨レベルは55で,3~5人ぐらいでプレイするのがオススメとのこと。1日の入場制限は2回までで,レベル50から入場が可能となっている。
 もうひとつのインスタンスエリア「エアナードの心臓」は,巨大なボスモンスターとのバトルコンテンツで,エアナード図書館の3階の先にある「夜空の休憩室」から向かうことができる。入場条件はレベル54以上。入場できる人数の上限は10人となっていて,1日の入場回数に制限はない。
 「エアナード心臓最奥間への扉」に入ると,いよいよ巨大ボス「エアナード心臓の守護者」とのバトルだ。その巨大な体躯から繰り出される攻撃は,レベルキャップに到達したキャラクターでも1撃で倒されるか,瀕死になるほどのものらしい。序盤はパンチ主体の物理攻撃だが,ダメージを与えていくと巨大レーザーを放ってきたり,取り巻きモンスターが出現する「エアナードの亀裂」を発生させたりと,攻撃のバリエーションを増やしてくる。取り巻きモンスターとはいっても,レベル55モンスターなのでかなりの強さ。タンク,DPS,ヒーラーがしっかり役割分担をしないと,倒すのは難しそうだ。
 今回のアップデートで実装される勢力拠点や遠征隊は,プレイの幅を大きく広げそうで期待が持てるコンテンツだろう。とくに遠征隊バトルは,これまでのArcheAgeでは体験できなかった新しいPvPが見られそうなので,ぜひ楽しんでもらいたい。もちろん,勢力拠点の建築も忘れずに。
 「古代等級」およびエアナードの心臓は,新しい経験値稼ぎの場でもあるが,それ以上に高性能の装備品(の材料)を手に入れる場所として攻略したくなるところ。レベルは高いが装備品はなかなかそろわない……というプレイヤーは,ここを中心に装備品の充実とレベルアップを図り,ぜひ勢力拠点建築のお手伝いや,遠征隊に参加して数々のコンテンツを楽しんでもらいたい。
トーラムオンライン RMT

2015-10-19 17:20:08