お取引状況の確認

アラド戦記 職業

 アラド戦記 RMT

2014.7.16大転移アップデートにより専門職業に大幅な改変が加えられました。
以下の記事にはアップデート前の古い情報が含まれています。
ボスユニーク解体機能追加と魔法封印ユニークの追加によって上級元素結晶の普及量が多くなりました。
それに伴って、専門職業に必要な上級元素結晶の要求数も上昇します。
専門職業とは?  
 
Lv20以上のキャラクターが就職できる「特殊なアイテムを作成する能力」のことです。
専門職業 職能 担当NPC
魔法付与師 魔法カードで魔法付与 シャラン
錬金術師 有用なポーション制作 ロリアン
解体師 解体ショップで装備解体 ロトン
人形師 各種APC製作 アイリス
専門職業への就職・職の放棄・関連アイテムの購入などは担当NPCを通して行います。
専門職業もLvがあり、修練を積むことでより高度な生産結果を出せるようになります。
 
▲ ▼
専門職業の就職   アラド戦記 RMT
 
条件はキャラクターのLvが20以上であることです。
キャラクタータイプ(鬼剣士・格闘家etc)とは一切関係なく
どのキャラクターでも自由に専門職業を選んで就くことが出来ます。
担当NPCから就職クエストを受けます。
就職クエストの詳細は各専門職業のページを参照のこと。
Lv20で転職はできるものの、各職業LvはキャラクターLvに応じたキャップがかかる。
 
▲ ▼
専門職業の放棄  
 
専門職業を辞める場合は、担当NPCから「専門職業放棄」を選択し
100,000ゴールドを支払うことで、専門職業を放棄できます。
以後二回目は200,000ゴールド、三回目は300,000ゴールド、と増えていきます
専門職業を放棄することで、別の専門職業に就くことができるようになります。
同じ専門職業に再就職した場合でも以前の経験値は保持されず
また一からの修練が必要になります。
 
▲ ▼
修練難易度  
 
世間で言われている修練の難易度
 
魔法付与師:とても難しい
修練に必要な材料が軒並み手に入れづらい点が最大のネック。
低確率でモンスターがドロップする「カード」
特定モンスターが落とす「魔力溶解剤」
レア・ユニーク装備の分解時に獲得できる「下級・上級元素結晶」など
自力入手のみで修練するのは非現実的。
ほぼ間違いなく競売で材料を購入することになり、莫大な費用が掛かる。
 
錬金術師:やや簡単~普通 アラド戦記 攻略
修練の材料のほぼ全てがNPCがくれるプレゼントの返礼品。
NPCへの好感度マラソン(プレゼントを配って歩く事)が必要。
NPCの返礼品は1日における1キャラの産出量に限度があるため、修練の進捗に限度がある。
逆を言えば、多数のキャラで好感度マラソンを行ったり、競売の品を買いあげる財力があれば修練を進めることが出来る。
作成できるアイテムは需要の高い物が多いため、吟味すれば育成にかかった費用の大半を取り戻せる。
成長後は高Lv魔法封印装備を抽出することで高価な材料を入手できるため、損はしにくい。
 
人形師:普通~少し難しい
錬金術師同様に好感度マラソンの必要があるが、こちらはそれほど大量に必要ではない。
どちらかというと他の専門職業と連携しなければならない点がネック。
錬金術師で「厚いお肉」から加工した「蛋白質オイル」、自身の抽出で入手する「冒険者の魂」が必須。
一部の高ランク人形を作る場合、魔法付与師が作る「魔力産物」も必要になる。
自分で他の専門職業を持っているかで難易度が変動する。
錬金術師との同時育成は相性がいい。
 
解体師:簡単
分解さえ行えば修練が進むため、解体機を設置して放置したり、NPCから装備を買って自分で分解してもOK。
普通にプレイして拾った装備を分解するだけでは少々時間が掛かる。
多少の資金があり、ひたすら単純作業に耐えられるなら、NPC購入→分解の数時間で修練は終了する。
以前は育成分解で生じる各キューブで利益も得られるほどであったが、革新後は入手量が大幅に低下した。
 
▲ ▼
キャラクターレベルと熟練度上昇制限
 
2012年4月25日の革新から専門職業がLv20からになったために実装された模様。
 
※要検証なため、確認した方がいましたら*を削除するようお願いします。
 
2014-7-18 21:49:21