お取引状況の確認

『BNS RMT』剣術士リニューアル後の詳細

ブレイドアンドソウル RMT黒竜校地下監獄アップデートを迎え、剣術士スキルにも大きな変化が
尋ねて来た。
単純にスキルの幾つかの効果だけ変更される水準では無く、
効率自体が変化する部分があって、PvE や PvP、全て新しい攻撃の
パターンに対する研究が必要な位だ。

ただ、嬉しい消息もある。
剣術士のトレードマークだと言えた御剣姿勢が戻って来たのだ。
6つの剣を召還して多様なスキルを使える点は過去と等しいが、
新しいスキルも追加されており、御剣召還状態では剣術姿勢、及び、
抜刀姿勢のスキルも自由自在に使う事が出来るという点が独特だ。

現在変更されたスキルに対しては、多くの意見が行き交っている。
PvP での悩みも勿論あるが、特に PvE では最大加速抜刀の速度が減少しており、
加速刺突時のダメージ量増加効果も消えているという事で、既存の攻撃パターンを
そのまま活用した場合、むしろ効率が下落する様になってしまった為だ。

ただ、再使用待機時間の削除と共に、新しく浮び上がっている急所切りと、
再度登場した御剣姿勢での活用法で、新しい代案が出来るか注目されている状況と言える。

ブレイドアンドソウル 相場
●疾風 : 多くの変化は無いが、クリティカル発生後の最大加速効果を享受しにくくなる

疾風は変化は少ないが、秘本で学ぶ事が出来る 5級 1照式の、
「クリティカル発動時、刺突 及び 天地烈波 最大加速」 に対して、不便だという意見が集まっている。
その理由は、疾風でクリティカル発動後、次の血風、暴風でクリティカルが発生しなかった場合、
最大加速効果が消えてしまうからだ。

即ち、疾風でクリティカルが発生したら、すぐに刺突や天地烈波を使わなければ、
最大加速効果を維持する事が出来ない状態となっている。

●抜刀 : HP 吸収効果が削除、最大加速速度も減少

抜刀 最大の変化は、今まで範囲狩りに最適だった HP 吸収効果が消えたという点だ。
総 3照式に変化した抜刀は、1照式を選択すると快剣を、2照式を選択すれば気絶効果を、
3照式を選択すれば出血効果を得る事が出来る様になる。

また、一つの変化点は、繰り返し使用時にますます速度が早くなる加速抜刀が消えて、
3照式を選択する様になれば、連射速度自体が早くなる効果を得る様になった。

●回転斬り : 御剣活用で遠距離回転斬りが可能に

回転斬りは、御剣姿勢でも使う事が出来る。
敵対象の攻撃を弾く後に使えるという条件は等しいが、御剣姿勢を維持している間に
回転斬りを使った場合、手に握っている剣では無く、御剣一つを投げる事で、
回転斬りと等しい効果を発動させる方式となった。

御剣姿勢を活用する回転斬りは、3級 1照式以上でのみ可能となっており、
御剣を投げると言っても、回転斬り自らの再使用待機時間は等しく適用される。

これを活用すれば、遠距離で攻撃を弾いた後、回転斬りを使用して、
内力の回復効果を享受する事が可能だ。 

●刺突 : 加速時のダメージ削除、天地烈波が新しい HP 吸収スキル?!

刺突修練は、既存 5列 から 4列 に縮まり、スキルポイントを少し節約出来る様になった。
そして、現在剣術士ユーザー達が心残りになっている一つ。
刺突の加速使用時ダメージ量増加効果自体が削除された。

3照式ラインで照式が分かれる事は既存と等しく、
1照式を選択すれば、反復使用時加速効果が増加して、2照式はヘイト増加、
3照式は天地烈波へと変更される。

加速時ダメージ量増加が消えながら、1照式と 2照式の攻撃力自体が等しくなった状態だ。

また、前蹴り後に他スキルを使うと刺突最大加速効果が消えて、
国民的コンボ級だった前蹴り → 疾風 → 刺突コンボは、これ以上使う事が出来ない。

既存はほとんど使われなかった天地烈波に大きな変化もある。
再使用待機時間が消えて、ダメージ量の 10% の HP を吸収する様になったのだ。
HP 吸収抜刀が消えた後、数多い敵と相対する時に有用なスキルを探す様になるなら、
天地烈波を活用してみても良いだろう。 

●急所斬り : |新しい主力スキルの可能性を見る 
ブレイドアンドソウル 最安値

既存もダメージ自体は立派な方に属していた急所斬りの再使用待機時間が無くなった。
連射速度も大きく遅い方では無く、現在新しい主力スキルとして活用しようとする意見も
出ている状況が見られる。

ただ、そのままでは内力を 3 消耗する為、基本的な連射だけでは 3回 使用が限界だ。
1照式ラインを選択すれば、クリティカル発動時に内力 1 を回復する事が出来るという点と、
内力が持続的に回復する状態なら、最小 5回以上の連続急所斬りが可能な状態だ。

簡単な運用方法としては、回転斬り → 逆襲(抜刀姿勢) → 急所斬り がある。
これ以外にも、御剣連続斬りにあっている敵対象には、
約 90% 位の追加ダメージを加える事が出来て、御剣が召還されている状態なら、
抜刀姿勢から御剣連続斬りを先に使って、その後に急所斬りを使うと、高ダメージを与えられる。

急所斬り 2照式は、PvP に特化されている。
防御姿勢の敵対象に使えば防御姿勢を解除させて、2秒間 気絶 及び、
8秒間 防御 関連スキル使用不可状態になる。
ただ、再使用待機時間は 24秒 へと増加する様になる。

2014-7-4 14:30:48