お取引状況の確認

『BNS RMT』拳闘士ポイントを増加する方法について

ブレイドアンドソウル RMT拳闘士はこのバージョンそれともその名に恥じない単量体で王を出力して、どうして私に聞かないでください、論より証拠、ニュース1緑明村の唐の小さい棠、もしもあなたは私の手から憎しみを持って行くことができると感じて、いつでも指導を歓迎して、私はいかなるを加えないで技能を憎みを保証します。

  私の固定的なチームメイトは魂の剣、相撲取り、気功です。すべてプラチナ級ので、私達はすべて写しの党で、ただその宝石のためプラチナを打ちに行きます。相撲取りはノーマルオープンを通じて(通って)統計を傷つけます。得る結果は拳闘士の百点の30~35、気功の25~30、魂の剣の20~25(捕えない)、相撲取りの15~20(捕えて挙げる)、いかなるBOSSに関わらずすべてたぶんこのデータです。

  突撃するこぶし、このバージョンのとてもすばらしくて重要な1つの技能、PVPに関わらずそれともPVE。PVEは1時加えて、ガードの後で触発することができて、とても打った後に急所を撃つことができて、私はよくこれで急所を撃つ1層を開きます。近ごろにとても状況ですべてとても高いのを打って、触発して急所を撃つことができやすいので、拳闘士はしてあらかじめ判定して、BOSSを理解していつ捕えて挙げるのを断ち切ることができて、この時早めに1つけて2層の穴に着いて、捕えて挙げるのを待つ時あなたはいっそう爆発する出力のことができます。個人のおすすめは必ず加えます

  BNS RMT盤竜、このバージョン素質でひどい不足したのの状況で、鶏肋を比較します。後揺れるのはとても大きくて、3時に素質は基本的に0.5秒気絶して、4時の素質すぐ1秒の頃、後揺れた後にあなたに時間を出力するのがとても短いためです。両が訴えるのが必要な時QEでを3触発して続けて組み合わせる山崩れを蹴ってくることができて、だから私はこの点を加えていないのです。しかし単に訴えるおかしな事(人)に直面して、例えば風の帝にやはり(それとも)とても役に立ちます。もしもすでに習慣づけて、やはり(それとも)匹が加えて3時に山崩れを組み合わせに来る良い提案します。別の分枝、敵なしの盤竜、血の非常の数に帰って、風を打つデュロン、凶徒はとても使いやすくて、白い霧がこの3つのBOSSを打つ時カナダを推薦して、18秒CD、血に比べて帰って山崩れしてきます実際。

  よけてこぶしに突き進んで、個人のたいへん推薦した1つの技能。1人の良い拳闘士はQEをうまく使うことができるかにあって、QEをうまく使った後にどのように最大の化が出力するのが1つの高位の拳闘士が考慮するでした。このバージョンの拳闘士は目覚めがあって、もしもあなたQEの後で多く注意して目覚めBUFFをおりて、あなたをそのようにおめでとうございます、あなたは巫女級のでした。この技能が多くのBOSSに直面してすべてとても良い発揮の空間があって、例えば蘭、東の日は奪い取ります。私が今の傷つけるのは4500~11000間で、刃物を補うのがなくてはなりません。QEの後で触発して、目覚めた後に無限によけて、群は良い技能を責めて、白い霧の群は戦って人の力を刈り取ります。軽食がかかってそれを研究するのに行く提案します。

  拳闘士は異なるBOSSに直面して素質をして微調整して、例えば蘭元来、古い1、蘭に薄氷のような班紋、二番目に虚弱なこぶしは踊って、蘭蘭SS加えて1時に情況を待って、だから固定的ではなくなっていません素質の、良い拳闘士は異なるBOSSに直面してかすかに改正して異なる情況に直面しに来をするのをやり遂げて、だから私に素質の同級生、をあなたの本当の理解の拳闘士を聞きますか?

  単量体はこぶしに突き進んで、足を弾いてとてもこぶしに破裂してとても打ったのを打った後に一瞬2回、珍しい書物の3回を出します。拳闘士は後期に核心は技能の中の一つを出力して、状況で相撲取りのがあって、私はたいへんこの技能を推薦して、急所を撃ったのをやり遂げていてあらかじめ判定することができた後に、普通な相撲取りは捕えて挙げて、私は2回の血を頼むのでさえすれ(あれ)ば、だから私に出力をあげるもっと多い時があって、だから私3RFの後でこぶしの2回に突き進んで、一回の1W5~2W間のは傷つけます。その上風を打つデュロン、狂う悪魔も主要な核心が技能を出力するで、異なる情況によって考慮して少し加えます。

 足を弾いて、拳闘士の核心は技能を出力します。PVPが時3時に3RFを形成しに来て、PVEは4時に急所を撃ちに来ます。比較的素質を消費して、しかしこのバージョンのなくてはならない技能です。しかしもしも相撲取りがなくて、魂の剣、それでは私はこの素質を加えることはでき(ありえ)ないです。この素質に使ってとても多い素質点を消費しなければならないため、例えばもっと多いコントロールの技能がBOSSが触発して足を弾きを制御しに来が必要で、だから私は普通は加えないで、QEに使うだけを必要として、突撃するこぶしは触発して急所を撃つことができに来ました。だから死にそうではなくて方法、異なる情況は素質を変更してください。

  QE,この多くの拳闘士はすべてわかって、しかし毎回QEが抵抗した後にすべて目覚めたのにBUFF気づきましたか?このバージョンの中で、私がよく行ってBOSSのいくつか攻撃を食べて、例えば持たないで撃退して、打ち倒して、虚弱にマイナス面BUFFの攻撃を待って、よけて使ってこぶしに突き進みを触発しに来て、だから私がよくQEに注意した後に目覚めてなくて、目覚めて、私がずっと注意してよけたなくて、直ちに使ってこぶしに突き進みます。目覚めの後がけいれんして私は普通はこのような2R2R4です

  こぶしに破裂して、これは論争の比較的大きいのであるはずです。私個人のおすすめは3時で、もしもあなたはあくまで私が言うことがない時に4時を要します。どうして3時ただ加えるだけですか?このバージョンがとても打つのがすべてとても高いため、ベルトを足して、もしもあなたのけいれんするスピードは合格して、それではあなたが血に帰るのがとても速くて、だからこれは1時に非常の鶏肋になります。私がよくあくまでBOSSを食べて持続的に出力しに来を攻撃して、私は注文しないで技能を憎んで、しかし血はずっと百点の70、経常的でいっぱいな血をおりたことがありません。ある人はもっと良いのを憎んできて急所を撃ちが必要だと言って、それでは私はあなたが多く訓練してけいれんしなければならないと言うことしかできなくて、合格のけいれんするスピード、憎しみを持って行くことができる人がなくて、あのお尻を持ち上げる猫を除いて。

  Blade&Soul RMTとの中でこぶし扉を断ち切って、これは個人は慣れて、私の2個はすべて役に立って、私は1つの今日どんな素質を使いたいので、明日どんな素質すべて固定的ではない人を使って、私の武を殴る神はよくあちこち換えてくる、何が何を使うと思い付きます。中扉の比較的高い出力、突撃のこぶしを触発した後に基本的にとても打って、とても使いやすくて、しかし3時の素質を要します。こぶしを断ち切ってかからないで、その上習慣の後でただ最後に瞬間と中で扉のそのようにするガードを使って、だからないのがあくまでまっすぐで、とても使いやすいです。憎しみはこぶしを断ち切って、もしも私は本当に場所に素質がなくて、私はそれを考慮します。

  竜のこぶしに上がって、個人は2時推薦して、衰えた勢いを盛り返して触発して竜に上がりを注文します。拳闘士の核心は

2014-7-4 14:30:48