お取引状況の確認

『ブレイドアンドソウル wiki』今日はカンストしてからのコンテンツについて分かる範囲で話します。

ブレイドアンドソウル RMT今日はカンストしてからのコンテンツについて分かる範囲で話します。Blade&Soul未経験者向けの記事になると思うので、興味があれば見ていってください。Lv45のカンストまでは練習みたいなものなので、カンストしてからがスタートになります。

まず、カンストかそれの一個前あたりでポファランIDへの入場クエストを自動で受注します。これの達成条件が主に4大IDの制覇です。日本では最初どうなってるのか分かりませんが、6人で挑める仕様だとして話を進めます。

BNS RMTカンストに至るまで順当に装備を強化していれば、4大IDがクリアできるレベルの火力はあると思います。6人で挑めるなら尚更。初見だと色々と大変かもしれませんが、動画とか(む)ブログの攻略記事を見ればなんとかなると思うので、まずは4大IDを片付けます。

そうするとポファランIDへの入場が可能になります。正しい名前は海蛇補給基地だったかな?海蛇基地にも色々ありまして、24人・6人・4人と挑める人数が分かれています。

人数が少なくなるにつれて、ドロップが良くなったり衣装が出たりするんですがここは欲張らず、まずは24人のほうから挑むことになります。

ここは6人・4人と違い、ボスに時間制限がありません。英雄等級のIDのボスには時間制限があって、決められた時間内に倒しきれないとボスが急に理不尽な攻撃を連発したり、中央に出現した核が大爆発を起こして即死します。時間制限がない分、HPがかなり多く設定されているのですが、大勢でボコれば割とすぐに片付きます。

ここでは、ボスの行動パターンや攻撃の避け方、各種ギミックを覚えることになります。最上級の数値ではありませんが、最上位ランクの宝貝も出てくるので整っていなければ一式揃えるのもありかもしれません。最終目標は暴風ポファラン武器になります。

Blade&Soul RMT慣れてきたら6人・4人の方に挑戦して、暴風ではない方のポファラン武器や、欲しければ衣装・ウィッグを集めることになります。6人・4人の方は、24人からギミックの面で若干難易度が上がっているので、これはその場で覚えて慣れるしかありません。一番目のボスの蒸気に対する防御とか、二番目のボスで地雷が出たり増援呼ぶこととか、三番目のボスで増援呼ぶこととか、ポファラン戦の蒸気は自分で操作して出さなきゃならないこととか、ぱっと思いつくだけでも結構違いがあります。

これが終わると次は血浪なんとか湾というIDになります。これも24人(頭に黒暗が付く)・6人・4人があって入場には海蛇基地のデイリークエスト等で手に入れられるトークン1個を入場券5枚に代える必要があります。

ブレード&ソウル RMT 通貨販売サイト「RMT-SP」です、在庫充実、信頼、熱心なブレイドアンドソウル RMT サービスが「RMT-SP」をご利用ください

 

2014-7-4 14:30:48