お取引状況の確認

ゲームニュース

RMT PSO2 で復帰プレイヤーを対象にしたキャンペーン。アイテム24種がもらえる RMT PSO2 4周年記念 『ワールド エンド エクリプス』 × 『PSO2』コラボキャンペーン 第2弾 RMT PSO2 の国内同時接続数がまたも更新。今度は12万3000人超を記録 RMT PSO2 キャラクリレシピキャスト RMT PSO2 キャラクタークリエイト体験版 EPISODE4とは 「PSO2 RMT」にアニメ版のイツキやアイカなどが登場。4月6日の“暴食と指輪”アップデートから順次実装 「PSO2 RMT」×ポイントオン,限定アイテムがもらえる“ポイント交換キャンペーン”がスタート 「PSO2 RMTエピソード4 デラックスパッケージ」が4月20日に発売。アニメ版主人公とヒロインのコスチュームなど各種特典が付属 「PSO2 RMT」の大型アップデート「Reborn:EPISODE4」Part3が本日実装。“地球”を舞台にした新ストーリーやヒロイン達のレイヤリングウェアが登場 「PSO2アークスカフェ rmt」が名古屋と福岡で本日オープン。メニューを公開 「PSO2 RMT」,冬の中規模アップデート「煌めき舞う絶対防衛戦」Part2が本日実装。クリスマスイベントや「英雄伝説 閃の軌跡II」とのコラボアイテムが登場 「PSO RMT」シリーズ15周年記念コンサート「シンパシー2015」レポート。オーケストラで奏でられる名曲とプレイ映像で15年の歴史が心に染みる

PSO2「キャラクタークリエイト体験版」登場記念

別途お伝えしているとおり,セガの新作オンラインアクションRPG「ファンタシースターオンライン2」(以下,PSO2)の「キャラクタークリエイト体験版」(以下,PSO2CC)が公開された。
 PSO2CCを使うと,PSO2における大きな魅力の1つであるキャラクター作成をオフラインで行え,作成したキャラクターは,クローズドβテスト(や,大きな問題がない限り,オープンβテスト,そして正式サービス)で使えるようになるということで,さっそく作り始めているという人も多いのではないだろうか。

 さて,そんなPSO2CCだが,実のところ本アプリケーションには,「動作検証」という形でベンチマークモードが用意されている。用意されている以上は,動かしてみるほかないだろう。
 幸いにも筆者の手元にはけっこうな数のグラフィックスカードが揃っている。そこで今回は「基準動作環境として2005年のハイクラスGPU『GeForce 7800 GT』以上が要求される」という,PSO2が要求する低めのスペック水準を考慮して,PSO2CCが公開された2012年4月5日時点の実勢価格が2万円を下回る現行グラフィックスカードを15枚ピックアップ。これらで実際にPSO2CCのベンチマークモードを動かしてみることにした。なお,2万円というのは,オンラインゲームを主にプレイするような人達の予算感を総合的に勘案したものであり,ひとまず,限られた時間のなかでテスト対象を絞った結果と考えてもらえれば幸いだ。

 516��168

2部構成になるPSO2CCのベンチモード
スコアは5000以上で「快適」

 
 テストに先立って,PSO2CCに用意されたベンチマークモードがどんなものなのか簡単に紹介しておこう。

 ベンチマークモードは2部構成になっており,前半は,「多くのモンスターが配置された市街地を,ヒューマンとニューマン,キャストの3キャラクターが走り抜ける」というシークエンスだ。最後,大型のモンスターが登場したところで終了するが,登場するモンスターが多かったり,天候条件が雨になっていたりといった理由で,描画負荷は比較的高い。

ベンチマークモードの前半シークエンスより  

 一方,後半は「先ほどの3キャラクターが仲間とともに森の中を移動してシップへ荷物を届け,そしてシップが飛び立っていく」というシークエンス。前半とは打って変わって,生い茂る樹木などの背景描画がメインとなっている。

ベンチマークモードの後半シークエンス  

 PSO2CCのベンチマークモードでは,この2シークエンスを通して1つのスコアが算出されるようになっている。セガの示す指標によれば,スコアが5000を超えていればPSO2の快適な動作が期待でき,逆に2000を割るような場合はグラフィックス設定を下げるなどの対策が必要になるとのことだ。

 
ベンチマーク結果の画面。「快適に動作すると思われます」「標準的な動作が見込めます」「処理負荷によっては動作が重くなります」といったメッセージが,スコアに即して表示される  

516��168

 

グラフィックスカード15製品に加えAPUもテスト
CPUを変更した条件でも検証

 テスト環境は表のとおり。前述したように,2012年4月5日時点の実勢価格が2万円以下のグラフィックスカードを用意し,それを4コア8スレッド仕様となるSandy Bridge世代のCPU「Core i7-2600K/3.4GHz」(以下,i7-2600K)と組み合わせることになる。

※そのまま掲載すると縦に長くなりすぎるため,グラフィックスカード表記を簡略化した縮小版を掲載しました。画像をクリックすると別ウインドウで完全版を表示します。なお,Radeon HD 6700シリーズはATI Radeon HD 5700シリーズのリネーム品であることから,今回はRadeon HD 6750の代わりにATI Radeon HD 5750カードを用いています 

 
 表に,背景色を加えた項目がいくつかあることに気づいたと思うが,これらは,追加テストに用いた機材として,メインの機材と区別した結果だ。
 今回のテストにあたっては,グラフィックスカードの検証とは別に,「PSO2CCのベンチマークモードにおいて,GPUとCPUのどちらがよりスコアを左右しやすいのか」をチェックすべく,i7-2600Kと同じSandy Bridge世代の2コア4スレッドCPU「Core i3-2100/2.93GHz」(以下,i3-2100)と,2008年のデュアルコアCPUである「Core 2 Duo E8600/3.33GHz」(以下,E8600),そしてAMDのAPU「A8-3870K/3.0GHz」(以下,A8-3870K)を用意した。背景色を加えているのは,それらの関連項目と考えてもらえれば幸いだ。

 なお,これらのテストにあたっては,GPU側がボトルネックとなるのを避けるべく,「GeForce GTX 560 Ti」(以下,GTX 560 Ti)を組み合わせるが,A8-3870Kでは,グラフィックスカードを差した状態ではなく,「Radeon HD 6550D」というブランド名が与えられた統合型GPUでもテストを行う(※i7-2600Kでも統合型グラフィックス機能を用いたテストを行いたかったのだが,今回のテスト環境ではPSO2CCのベンチマークモードを実行すると画面に何も表示されなくなる問題が生じたため,今回はテスト対象から外した)。

PSO2CCランチャーの「環境設定」から,グラフィックス設定は行える 
 PSO2CC側のグラフィックス設定は,「描画」タブから「テクスチャ解像度」を「高解像度」に変更。ウインドウモードでは予期しない外的要因によりスコアがブレてしまう可能性があるため,フルスクリーン表示でテストを行うことになる。ただし,「簡易設定」の項目はデフォルトの「3」に留め置いている。
 ちなみにPSO2CCの場合,フルスクリーン表示時のゲーム画面解像度は接続されるディスプレイのネイティブ解像度で決まる,今回は解像度1920×1080ドットのディスプレイを出力デバイスとして用意したので,テスト解像度は1920×1080ドットというわけだ。

今回はテスト環境の統一を重視してグラフィックス設定を行った  

465��165


※お詫びと訂正
初出時,「「簡易描画設定」を最も大きな「5」に指定し」とありましたが,今回設定しているのは「描画」タブと「画面」タブでした。お詫びして訂正いたします。なお,本件に関する考察を記事の最後に加えました。
 PSO2CCのベンチマークスコアは前述のとおり整数で得られるが,これだけではいまひとつピンと来ない人も多いと思われるため,今回は「Fraps」(Version 3.4.7)で,PSO2CCベンチマークモード実行中の平均フレームレートと最小フレームレートも取得することにした。
 テストは3回連続で実行し,総合スコア,フレームレートとも,キャッシュなどの影響を排除すべく1回めのスコアを捨て,後ろ2回の平均値を採用する。

2014-7-4 14:22:38