お取引状況の確認

ゲームニュース

RMT TERA モンスターに変身して戦う10vs.10の新戦場「クーマスパラダイス」が実装。プレイヤーが同一ステータス,同じ専用スキルでバトル RMT TERA に期間限定チャレンジダンジョン「幻影の塔 Season3」が本日実装。その難度はあの「暴君デュリオンの潜伏地」を超える RMT TERA に高難度のダンジョン「暴君デュリオンの潜伏地」が実装。クリア報酬は,最高峰装備「暴禍凱帝」シリーズの最後のパーツ 「TERA」公認ネットカフェでプレイするとアイテムをもらえるキャンペーンが開催に 「TERA RMT」春のネットカフェログインキャンペーンが本日スタート 「TERA RMT」で約2年振りとなるエリーン専用新クラス「くノ一」が3月9日に実装。くノ一を試せる先行体験会の参加者募集が本日スタート 「TERA RMT」,登っていくと豪華な報酬の得られる期間限定チャレンジダンジョン「幻影の塔 Season2」が実装 TERA RMT 「呪われたバーンスタインの幽霊島」実装 「TERA RMT」アップデート「破格 Phase2 バーンスタインの幽霊島」を本日実装。2つの新インスタンスダンジョンと最高峰の新装備を追加 「TERA RMT」アップデート「破格 Phase1 Fighter」が本日実装。アイテムやLv60キャラも獲得できる「新兵歓迎キャンペーン」も実施 TERA RMT 新クラス「ファイター」&新ダンジョン「ケリーヴァンの突撃船」実装 「TERA RMT」,最新アップデート「破格 Phase1 Fighter」を10月7日に実装。

「TERA RMT 」にエリーン専用新クラス「ソウルリーパー」が登場

NHN PlayArtは1月8日、MMORPG「TERA : The Exiled Realm of Arborea」の公式生放送「TERAの歩き方 特別編」にて、本作の2014年4月までのロードマップを公開した。

今回の配信に先立って、「TERA RMT」の開発元であるBluehole Studioのキム・ナキョン氏と日本TERA日本運営プロデューサーであるNHN PlayArt株式会社の鈴木貴宏氏によるメディア向けの説明会が実施された。まずはこちらの内容を紹介しておこう。

ゴスロリ風の新クラス「ソウルリーパー」が3月中旬に登場

今回のロードマップの目玉となるのが、3月中旬に実装となる新クラス「ソウルリーパー」だ。ゴスロリテイストな外見と鎖ガマのような武器が特徴的なエリーン種族専用のクラスで、レベル40以上のキャラクターを保有するアカウントで作成できる。

鈴木氏によると、近接・中距離を攻撃範囲としており、素早い動きと強力な黒魔法で敵を混乱に陥れるなど、これまでにはないトリッキーなクラスになっているそうだ。この点についてキム氏は、「これまでの“TERA”にはなかった新鮮さを重視しました」と語り、そのために中距離攻撃ディーラーという新たな要素を盛り込み、武器の攻撃範囲にも可変性を持たせたのだと説明した。

「ソウルリーパー」の実装にあわせて、エリーン種族用の新規ヘアや外見も2種類ずつ追加される。ライオンと龍をモチーフとしたもので、「かわいらしい」という従来のエリーンのイメージに「強さ」をプラスしたいと考えて導入したのだとキム氏は語った。また、甲冑型やゴシック風ドレスなどのソウルリーパー専用コスチュームも導入されるそうだ。

「ソウルリーパー」のスキルの紹介も行われた。「闇の障壁」は死に至るダメージを無効化する効果があり、新規ユーザーはすぐ死んでしまうことが多いことから、「初めてプレイする人の助けになれば」と考えて導入したのだという。

「反撃」は敵の攻撃にタイミングを合わせて発動することで相手にダメージを与えるというもの。キム氏はこの「反撃」がもっとも特徴的なスキルで、「相手の攻撃に対してどのタイミングでスキルを使うかという、今までにない操作の妙を楽しんでもらえると思います」と力強く語った。

1月下旬:忍者アバターの実装

忍者アバターは「和風の衣装が欲しい」という日本のユーザーの要望に応えたもので、衣装と同時に日本刀などをイメージした和テイストの武器アバターも実装される。これらの武器は納刀するときに桜が舞い散るエフェクトが入るとのことだ。

2月12日:サーバー統合

シャラ、ヴェリック、エリーヌの3つのサーバーがエリーヌに統合される。シャラは日本で唯一のPKが可能になっているサーバーだったが、日本ではPKの人気が低く、ユーザーも少なかったそうで、鈴木氏は「大変心苦しいのですが、今回の統合を機にPKサーバーは無くなります」と話した。

ちなみに、キャラクター名やギルドの名称が重複した場合、キャラクター名はログイン時間の長いもの。ギルド名は作成時間が古いものが優先される。同時に、キャラクター名がなかなか取れないという問題を解消するため、一定期間(1年を予定)ログインしていないキャラクターの削除、もしくは一律の名前変更対応も行う予定だという。詳細は後日、公式サイトにて公開するとのことなのでチェックしておこう。

2月19日:ルーキーサーバー

新クラス「ソウルリーパー」の作成条件である「レベル40以上」の達成を助けることを目的とした新サーバーだ。獲得できる経験値が通常の2倍となっており、レベル58まで上げることが可能。上限に達したら「サーバー移転券」を使って他のサーバーに移転するという仕組みだ。

期間限定のサーバーとなっているが、終了時期は未定で、多数のプレイヤーが残っているなど状況次第では継続することもありうるという。また、サーバー終了となる際には、1カ月前に告知するとのことだ。

2月下旬:下着スロットの開放

TERA RMT」オープンのときから用意されていた下着スロットがついに利用可能になる。キム氏は「防御力はあまり高くないですが、既存の装備とあわせれば、ある程度意味のある能力値を発揮できます」と説明。また、オプションがひとつ追加可能になっているので、いろいろと有効活用できそうだ

4月中旬:新規IDの実装

4月上旬に5つの新規IDが追加される。「ギルリアンの森」は「TERA」初となるソロプレイ用のオリジナルダンジョンで、難易度の調節が可能になっている。「ラカンの祭壇」は5人用のダンジョン。こちらも難易度のパターンが多様化されており、何度も楽しんでもらうことを目的に開発されたのだという。

「カシュバル峡谷」は10人レイドダンジョンで、上級の場合は冒頭に「貪欲の」という冠がつく。このダンジョンには「再挑戦装置」というシステムが導入されており、全滅しても街からやり直すのではなく、もっと簡単に再挑戦できるとのこと。最後に紹介された「闇の洞窟」も、下級とは思えないほどの魅力を持つダンジョンになっているとのそうだ。なお、ダンジョン名はいずれも仮称で、実装時に変更となっている場合があることを踏まえておいてほしい。

4月中旬:最高難易度IDの実装

「暴悪なギーズルガルの洞窟」は最上級難易度のダンジョンで、鈴木氏いわく「“TERA”の戦闘の真骨頂を体験できる」という。それだけに、装備などの報酬は絶大で、クリアした名誉を誇れるような報酬も用意しているとのことだ。

キム氏によると「TERAはパーティーを組んで高難度のIDを攻略していくところが楽しいのに、最近はどんどん簡単になっている」というユーザーの声があったそうだ。一方で「今のIDは難しすぎる」という声もけっこうあるようで、そういったさまざまなユーザーの期待に応えるために、多様なダンジョンを追加すると同時に、最高難度のIDも提供することにしたのだと説明した。

 

2014-7-4 14:19:41