お取引状況の確認

RMT FF14 討伐・討滅戦/ニーズヘッグ征竜戦

八年安全運営の安全サイトRMT-SPです。FF14 RMT
■参加条件
レベル 60
平均アイテムレベル 205~
8人用
「人数制限解除」非対応
■報酬
禁書:12
伝承:7
「竜詩戦争編」の実質ラスボスであるためか、メインクエストで必ず戦う事になるボスなのだが、難易度はかなり高い。
特にヒーラーは、全体火力にもよるが慣れるまではクルセードスタンスを入れずに回復に徹していた方が無難。

第1フェーズ(竜型) 
【行動パターン】
真紅の吐息→竜の咆哮→ホリッドロア→ヒートウィング→真紅の吐息→竜の咆哮→
真紅の吐息→カータライズ→ホリッドロア→タッチダウン→竜の咆哮→竜の咆哮→
<竜の咆哮>
4,000~5,000程度の全体ダメージ。カータライズ後は連続使用するため要注意。
<ホリッドロア>
地面に目のような模様が複数出現し、一定時間後踏んでいた場合は10,000以上の大ダメージを受ける。
<カータライズ>
ニーズヘッグが一旦離脱した後、フィールドの約半分を覆う広範囲突進攻撃。
同時にホリッドロアも使用されるため安全地帯は更に狭まる。
ホリッドロアとカータライズを同時に食らうと、
タンク以外は、ほぼ間違いなく即死する。

第2フェーズ(雑魚召喚) 
ニーズヘッグが消え去り、シャドウ・ファラク、シャドウ・ブロビニャク、シャドウ・ウェアドラゴンを召喚。
時間内に全て撃破出来ないと終焉の竜詩のダメージが40000近くになり、全滅が確定する。
DPSチェックが結構厳し目なので、どうしても間に合わないならここでLBを使ってしまおう。
また雑魚の攻撃力もかなり高めであり、油断しているとあっという間にタンクが落ちてしまうので、ヒーラーは余程の事が無い限りは回復に徹した方が無難。
ウェアドラゴンはヘイト無視でリッパークロウを繰り返すのみなので、タンク2名はファラクとブロビニャクのタゲを取り、ウェアドラゴンのモーションを見ながらリッパークロウを避ける。
リッパークロウを食らうと「与ダメージ低下」のデバフが付く。DPSが食らうと雑魚の殲滅が間に合わずに時間切れの危険が高まるので、絶対に食らわないようにする事。

第3フェーズ(竜人形態)
前フェーズの雑魚を全滅させると、ニーズヘッグが台詞と共に全体攻撃の終焉の竜詩を放ち、エスティニアンの姿になる。
11000以上のダメージなのでHPは最大維持、かつ攻撃が来たら即範囲回復。
【行動パターン】
アラモーン→ゲイルスコグル→ドラッケンランスドラッケンランス→ハイジャンプ(6)→ゲイルスコグル(6)→スーパージャンプ→ドラッケンランス→
アラモーン→ドラッケンランス→ゲイルスコグル→ハイジャンプ(3)→ゲイルスコグル→ハイジャンプ(3)→アラモーン→アラモーン→
<ハイジャンプ>
複数名にマーカーと範囲表示が付き、一定時間後に対象の周囲に範囲攻撃。
1回目のハイジャンプ後は、着弾点から中央に向かって直線状範囲攻撃のゲイルスコグル、更に着地点(戦闘場所にもよるが、ほぼ中央)に近いほど大ダメージを受けるスーパージャンプを同時に放つ。

第4フェーズ(邪竜形態) 
HPを一定以下に削るとニーズヘッグが全体攻撃の怨嗟の雷を放ち、真紅の輝きを放つ竜の姿になる。
【行動パターン】
カータライズ→ホリッドロア→タッチダウン→アク・モーン→竜の咆哮→ホリッドロア→ヒートウィング→ヒートテイル→竜の咆哮→竜の咆哮→真紅の吐息→
※→アク・モーン→竜の咆哮→深紅の吐息→竜の咆哮→ホリッドロア→ヒートウィング→ヒートテイル→竜の咆哮→→竜の咆哮→真紅の吐息→※からループ
<アク・モーン>
1名に頭割りマーカーが表示され、複数回の頭割りダメージ。
最初は3段攻撃だが、バハムート真成編4層と同様、ループが進む毎に攻撃回数が増える。
ヒーラーは2人がかりで、全力範囲回復連打。
<ホリッドロア>
フェーズ1よりも眼の数が増え、同時に真紅の珠も2つ出現する。
真紅の珠はホリッドロアの炸裂と同時に、東西南北十字状に広がる炎フレイムブラストを放つ。あまり遠くに逃げすぎると続くヒートウィングが避けづらくなるため注意。

2016-7-15 15:42:10