お取引状況の確認

『CLOSERS RMT』 ストーリーと序盤の舞台となる“アカツキ地区”の情報が公開!

クローザーズ RMT

株式会社セガゲームスは今夏にサービスを開始予定の新作アクションMORPG『CLOSERS RMT』について、作品の根幹をなす「ストーリー」と、序盤の舞台となる「アカツキ地区」の情報を公開致しました。『CLOSERS RMT』は近年のオンラインゲームには珍しい、ストーリーも重視した作品となっております。魅力的なキャラクター達が近未来都市オオトリで織りなす人間ドラマがお楽しみいただける『CLOSERS RMT』に是非ご期待ください!

【ストーリー】
 18年前、人類は得体のしれない次元の扉<ゲート>から現れ襲い掛かる謎の生命体「次元種」の脅威に怯えていた。無残に破壊され廃墟と化していく世界を救ったのは<ゲート>により、位相力という能力を得たわずかな者達。人類が頼れるのは彼らだけだった。尊い犠牲を払い<ゲート>を『閉じる』ことに成功した彼らは【クローザーズRMT】、そして次元種の襲撃は【第一次次元戦争】と呼ばれた。

 時は過ぎ、平穏が戻ったと誰もが安堵し、都市の再建が猛烈なスピードで進む中、再び<ゲート>が開き再び次元種が出現する!そこで【第二次次元戦争】の再発防止に尽力する組織【ユニオン】は、新たなプロジェクトとして能力を持つ少年少女を集めたチーム『ブラックランブス』を結成。“期待の星”と揶揄される彼らが翻弄され、それぞれの想いを抱えながら大きな闇へと立ち向かっていく。ブラックランブス出動せよ!

【アカツキ地区】
 オオトリの中心的な繁華街アカツキ地区。ショッピングモールや住宅街が立ち並び普段は多くの人で賑わっているが、現在は「次元種」の出現により臨時封鎖令が宣布され、人影は減少。出現する「次元種」の強さを測る「位相係数」が他の地域に比べると低いため、まだどこかのんびりとした雰囲気が漂っている。
【次元種】
 数多く出現し人々を混乱に突き落とす次元種、スカベンジャータイプ。特にシャーマンタイプは炎を自在に操り次々と火の玉で攻撃してくるので出来れば後ろに回りこみ攻撃したい。

 

2015-9-4 12:55:25