お取引状況の確認

FF14 RMT アシエン・ナプリアレス討伐戦

FF14 RMT
IL制限:平均90以上

討伐時報酬
無し

使用技
名称 範囲 効果 備考
スパーク 単体 ダメージ 
ダブル 自身 次に使用するスパークが2回連続になる。 
トリプル 自身 次に使用するスパークが3回連続になる。 
ダージャ 全体 ダメージ 
メギドフレイム 前方直線範囲 ダメージ+火傷(火属性DoT+被ダメージアップ) デバフ効果は累積する
クエイガ 全体 ダメージ 
クラウダ 全体 ダメージ+クラウダ(DoT) 
エテンド 全体 エテンド空間を作り出す(後述) 
コメット 範囲 ダメージ+全体小ダメージ 地面にぶつかった場合全体に大ダメージ
【1回目のダージャまで】
スパークとダブルを繰り返す単純な行動パターン。
HPをある程度削ると中央にワープし、台詞と共にフィールド外周にダークエーテルを召喚する。
ダークエーテルが中央に達するとボスに与ダメアップのバフが付くため、その前に触れて爆発させる。
ダークエーテルは赤い光と黒い球体の2種類あり、連続で同じものに触れると爆発時の被ダメージがどんどん上昇していくため、なるべく交互に違う方に触れてデバフをリセットする。
他人が触れた時に発生する爆発に巻き込まれるとダメージ+デバフを貰うので近寄らないこと
(1回目200、2回目2,000、3回目4,000程度のダメージ。)
途中でシャドウ・スプライトが出現する。ターゲットに対して前方扇状広範囲にダーラを使用するため、外に向けて速やかに排除する。
エーテルの出現が止まった後、暫くするとダージャ発動。ヒーラーはこれに備えて陣などを張っておく。
【2回目のダージャまで】
戦闘中にワープし、直後にメギドフレイムを使用するようになる。
トリプル→スパークを全弾まともに受けると6,000~7,000ほどダメージを受けるので、トリプルに合わせてスキンや鼓舞をかけ、逐次回復して凌ぐ。
2回目のダージャの対処法は1回目と同じだが、シャドウ・スプライトの数が増えている。

FF14 Wiki
【2回目のダージャ~エテンド発動】
全体攻撃のクエイガを多用するようになる。
HP20%を切るとクラウダを使用し、全体にクラウダデバフ付与。
続けてエテンドを発動させ、異空間に引きずり込まれる。

【クラウダ】
無属性ダメージにより、HPが徐々に失われる状態。
さらに、受けるダメージが増加する。

【異空間】
この空間ではバフとデバフの効果時間が10倍になる
直前に受けたクラウダのデバフを解除させるため、
クラウダを受けたらフィールド端まで移動し、異空間に引きずり込まれるまでの時間を稼ぐ。
吸引に最後まで抵抗できると、デバフが切れた状態で異空間に移動できる。
また、移動前に使用したバフとデバフの効果時間が10倍になる為、吸引に抵抗しながら場面転換の直前にバフを使用しておくと楽になる。
(タンクならランパートやヴェンジェンス。DPSなら発勁や猛者の撃等)

場面転換後、次々とコメット(隕石)が落下してくる。

【コメット】
コメットが落下すると全体に大ダメージ。
落下地点にプレイヤーがいると全体へのダメージが軽減される。

タンクはコメットの真下に移動して全体へのダメージを軽減する。
数が多いため、タンク2名でコメットを受けて回ることになる。

最初のコメット落下地点に次元の裂け目が出現する。
次元の裂け目のHPを0にすることで異空間を脱出できるようになる。
タンクはコメットを受けて回り、DPSは次元の裂け目を攻撃。
次第に受けきれない数のコメットになり、最後に中央への巨大コメットが落下するまでの時間との戦いとなる。
ここで次元の裂け目にめがけてリミットブレイク(ファイナルヘヴン等)を叩き込もう。

エテンド空間を脱出した後は残り僅かとなったHPを削りきるのみ。
※エテンド空間脱出時に、バフの効果時間が1/10になる。
FF14 RMT
 

2015-4-17 10:24:45