お取引状況の確認

RMT 在庫 ガルーダ討伐戦

FF14 RMT
•LV:44
•ドロップ(宝箱)および報酬:無し
•Lv44から挑戦可能だが、Lv44とLv45では難度に大きな差がある。
◦これはLv45のジョブクエスト報酬装備(通称AF(アーティファクト)装備)がこのレベル帯では極めて強力であるため。
◦また、45のジョブクエストではスキルが手に入るというのも、ギャップに拍車をかけている。
◦44時点でもクリアできなくはないが、他に45以上の人が参加している場合は、キャラクター性能に大きな差があることは理解しておくこと。
◦このボスの場合、特にタンク以外の装備の重要度が高い。
■これはタンク以外にも攻撃が飛んでくることが多いことと、DPSの攻撃力が高ければ全体の負担が減るため。

全ロール共通ガルーダについて
•スタンは効かない。
•長距離直線攻撃(ウィンドブレード)
◦1度に1人にしか当たらないように分散するのはよいが、遠距離DPSとヒーラーはまとまる風潮もある。
◦まとまる場合、ヒーラーとタンクの能力によってはヒーラーのMPが維持できなくなったり、回復が追いつかなくなったりする。
■ヒーラーをはじめとして全体がAF装備~それ以上くらいであれば、大技以外への回復は概ねリジェネとケアルだけで賄える。この場合はまとまっていて何ら問題ない。
•特殊攻撃「ミストラルソング」は、特別な対処が必要。詳細は岩②を参照。

岩ギミック岩①(概要~壊さないことへの注意)
•フィールドに「岩」が4つある。
◦この岩はガルーダの攻撃に巻き込まれるとダメージを受けていき、やがて壊れてしまう。
◦この岩はガルーダの攻撃を避けるのに使ったり、ガルーダの攻撃のダメージを下げる効果があったりするので、壊されないようにする。
◦この岩が壊されすぎると、中盤のガルーダの大技が耐えられないダメージになってしまう。
•攻撃された時に岩を巻き込まない位置、方向を取る。
•たまに攻撃(ウィンドブレード)が飛んできても慌てない。
•岩は射線を切る、つまり間に岩があると回復その他ができない。
◦ヒーラーは他の人との間に岩を挟まないように。
■雑魚掃討中は近接DPSは動き回ることになりがちなので、特にこの時に注意。
■ただしDPSとの射線維持に気を取られてタンクのことを忘れないように。
◦ヒーラー以外は無闇に逃げ回って回復を邪魔しないように。
■そもそも逃げ回る意味はほとんどない。

岩②(ミストラルソング関連)
•ガルーダの特殊攻撃「ミストラルソング」の対象から外れるために使用する。
•「ミストラルソング」は全体攻撃だが、飛んでくる方向との間に岩が挟まる位置にいる場合、攻撃を受けない。
◦位置関係は、「ガルーダから放射状」ではなく、東西南北いずれかから反対側に向かって放たれるものとして解釈される。
•ミストラルソングに当たった場合、適正装備ならDPSやヒーラーでも辛うじて即死せずに済むが、それでも即死寸前のダメージは食らうので確実に回避すること。
•これの回避のために、普段から岩から離れすぎない(ただし岩を攻撃に巻き込まない)位置にいること。
•ミストラルソングは、ガルーダが一旦消えて、外周部分のいずれかに再出現した時に使用する。
◦中央に再出現した場合は、別の特殊行動(雑魚召喚)をしてくる。

後半
•フィールド外周部分に攻撃(アイ・オブ・ストーム)が発生する。

ロール別行動方針

タンク
•スリップストリーム(前方範囲スタン攻撃)は予告範囲が表示されないが、詠唱中に裏に周ることで回避できる。

前半(岩がなくなる前)
•ガルーダの攻撃に岩を巻き込まないように、可能な限り外側の位置で、ガルーダが外を向くようにガルーダを抱える。
◦ガルーダの周囲攻撃(ウィンドホウィール)はそれなりに範囲が広いが、これが岩に当たらないようにすること。
◦初期位置のガルーダから見て背後の岩っぽい背景(岩オブジェクトではない)の前で抱えるのが目安とされることが多い。
FF14 Wiki
■ただし、これに固執する必要はなく、要は外側でさえあればよい。
•雑魚を召喚されることが何度かあるが、これに構う必要はない。DPSに任せておいてよい。
◦タンクがこれに気を取られて動き回ると、ガルーダの攻撃が岩や味方を巻き込んでしまう。

後半
•定石どおり、ガルーダを外側に向けて押さえる。
◦ただし「アイ・オブ・ストーム」の範囲には入らないギリギリの位置とすること。

DPS
•雑魚出現時に、迅速にそれらを始末することが重要。
•他は「攻撃に当たらない」「岩を巻き込まない」という基本を押さえていればよい。
•ヒーラーは何かと忙しいので、蘇生してもらう余裕はあまりない。死なないように。

戦闘の流れ

前半
•流れ1
四隅にワープすると
そこから突風による全体範囲攻撃で大ダメージを与えてくる。盾役以外がまともに食らうと即死。
これは近くの岩の裏へ「ガルーダから見えない様にして」隠れる事で回避できる。
ワープ攻撃後、雑魚を召喚する
•流れ2
中央にワープした場合、雑魚を召喚する
HPが半分程度になっているとエリアルブラストが来る。
岩の残量 (大きさ)によりダメージが軽減される。岩に隠れても無意味。

折り返し
 
この為、ここまでにどれだけ岩を護りきれたかが全てとなる。
目安は大体「完全体1~2つ+小破1~2つ+中破1~2つ」以上。

(上記の表現は、3つの岩が積み重なっている状態が完全体、
1つ減る毎に小破、中破、大破 (消滅)という数え方)
エリアルブラストが来る前に、それ以上破壊されていると、
まず耐えきれない (9999ダメージになる)ので、さっさと全滅し、やりなおしを推奨。

後半
エリアルブラスト後は、岩は全壊し
中央円形を除く外側に攻撃技アイ・オブ・ストームが発生する
触れると大ダメージなので中央円形内で戦うこと。

 
ワープは2種類
中央ワープの場合はガルーダの後ろに回ることで回避
端ワープの場合は反対の円の端ぎりぎりで回避

 
被ダメージが増加するので、回復重視で押し切るのみ。
ただし、倒す事よりも死なない事を優先して押し切る様に。
FF14 RMT
 

2015-4-14 17:16:03