お取引状況の確認

FFXIV RMT 討伐・討滅戦/真ギルガメッシュ討滅戦

FF14 RMT
真ギルガメッシュ討滅戦
IL制限
平均90以上
宝 箱
1枠……エンキドゥ(ミニオン)
レアドロップ
カード:バッツ・クラウザー(ドロップした場合、かばんに直接入る)

ラウンド1
ギルガメッシュ 使用技
名称 範囲 効果 備考
ヒット・ジ・エンド 前方扇形範囲 ダメージ 
ギガジャンプ ランダム単体 ダメージ 
プラダマンテ ランダム単体遠隔 ダメージ 
小さなメロディ ランダム4名 ミニマム(与ダメージ低下、被ダメージ増加) 治療不可
ニワトリの歌 ランダム4名 ニワトリ(アクション実行不可) 治療不可

エンキドウ 使用技
名称 範囲 効果 備考
エアロラ ランダム対象範囲 ダメージ 
かまいたち ランダム ダメージエリア 触れるとダメージを受ける竜巻を設置する
いと  スロウ+ヘヴィ 
怪音波   
ミサイル 範囲 ダメージ 
ホワイトウインド ギルガメッシュ HP111,200回復 
ギミックは初見でも対処可能な物ばかりで、前回(オルトロス&テュポーン)ほど面倒なものではない。
エンキドウがギルガメッシュを回復させるため、エンキドウから倒すこと。
エンキドウを倒すことで前半戦が終了し、ギルガメッシュが退散する。

--------------------------------------------------------------------------------

戦闘後しばらくしてからエンキドウが「いと」の詠唱を開始。
エンキドウのHPが80%を切るとギルガメッシュが中央に移動して全体ノックバック攻撃。(エンキのHPを見ながら鋼やホルムをつかうと吹き飛ばされずに済む。
この後にヒーラー2名とDPS2名が紫色の線で結ばれ、4名がミニマムとなる。
エンキドウはかまいたちを設置しつつ、ランダムターゲットのエアロラ等で攻撃してくる。
かまいたちが一定時間放置されると乱気流で全体にダメージを与えるため、ニワトリ化したプレイヤーがかまいたちに触れて竜巻を潰していく必要がある。
(ニワトリ状態で触れると微ダメージで消滅させられる)

【ミニマムについて】
線で結ばれた2名が重なることでミニマムの効果が切れる。
ミニマムを解除することでギルガメッシュはニワトリを使用する。
ミニマム状態が一組でもいる限りニワトリを使用してくることはない。
FF14 Wiki
【ミニマム中のギルガメッシュについて】
ミニマム中はギルガメッシュの行動が固定され
ヒーラー1名ミニマム状態のランダム1名に対して「ヒット・ジ・エンド」という範囲攻撃しかしてこなくなる。
詠唱と範囲表示のあるタイプになっているので見てから避けるのは簡単。
近接DPSが狙われると範囲攻撃が他の近接DPSやMTに向く事もあるため近接が繋がれている側を解除する事が好ましい。
狙われてる側のミニマムを解除すると残っているミニマム2名のウチどちらかにギルガメッシュのタゲが移る。
当然2組目の近接DPSが狙われる事もあるためこの場合はあきらめて範囲を避け続けるしかない。
タンクはタゲを取ることが出来なくなるのでこの間はタンクもエンキドウを攻撃しにいくこと。

ミニマムは時間経過でも効果が切れるため、
ニワトリを使ってくるまでにエンキドウを倒せるかどうかがDPSチェックと言える。
エンキドウを倒すとギルガメッシュが戦闘を離脱し、前半戦終了。

ラウンド2
ギルガメッシュ 使用技
名称 範囲 効果 備考
ヒット・ジ・エンド 前方扇形範囲 約2,000ダメージ 
扇風斬 前方扇形範囲 ダメージ 回避可能
剣の舞い 単体 約1,000ダメージ×7 敵後方に移動すると回避可
ギガジャンプ ランダム単体 約1,500ダメージ 
マサムネ 前方直進範囲 約2,500ダメージ ギガジャンプとのコンビネーションで使用
雪風 特殊範囲 約2,000ダメージ 
月光 全体 約2,000ダメージ 
花車 特殊範囲 約2,500ダメージ 
大捕物 ランダム単体 拘束+ペイン ヒーラーが優先対象
雲蒸竜変 特殊 竜頭を4体召喚 
電撃 特殊 約1,500ダメージ 

ギガジャンプ&マサムネ
◦ランダム1名のもとにギガジャンプで飛んでいき、帰り際にマサムネで突進する。
マサムネにはキャストが発生するので、射線から逃げればタンク以外はダメージを受けずに済む。
剣の舞
◦ガルーダのスリップストームのように範囲表示のない前方範囲攻撃の連続使用である。(連続で7回
ギルガメッシュの後ろにいくか範囲外に離れる事で7HITする事はなくなる。
どれだけはやく反応しても3回程度は食らってしまうが7回すべて被弾すると7000前後のダメージになる為ヒーラーの負担を減らす意味でもしっかりと回避しよう。
大捕物
◦ヒーラー1名を拘束し、行動不能にする。拘束されたPCはペインでDoTダメージを受ける。
拘束中はプレイヤーをターゲットすることが出来なくなるため、回復も不可能。
拘束前であればリジェネを入れておくことでDotダメージを相殺できる。
鉄鎖を破壊すると鎖を解くことができるので、DPSは速やかに鉄鎖を攻撃する。
ギルガメッシュと対象の距離が近いほど鉄鎖が硬くなるバフが上がる。バフが着かない距離を保つよ良い。
雲蒸竜変
◦広場の4隅に竜頭が出現し、暴竜(直線範囲ビーム)等の攻撃を行う。
放っておくと画竜点睛で自爆し、全体にダメージを与えるのでDPSは1体ずつ潰していくこと。
適正レベルなら、1体くらいなら残っていても問題ない程度のダメージ。
電撃
◦外周に8個、内周に4個の電撃を時間差で設置する。電撃は円形範囲の放電を行って消滅する。
外周・内周のどちらを先に設置するかはランダム。
HPの減少と共に使用する剣技が雪風→月光→花車→雪月花(3種連続)と変化していく。
破壊ギミックが2種類あるので、DPSはしっかり対応したい。
タンク以外への攻撃は殆どが回避可能。ヒーラーは剣の舞いでタンクが落ちないように注意しよう。
FFXIV RMT

2015-4-5 10:59:22