お取引状況の確認

『ブレイドアンドソウル RMT』Gamemeca 比武フリーシーズン大会 終了

ブレソ RMT Gamemeca が進行した 「比武宴フリーシーズン」 が、
8月 31日の決勝戦を最後に、全ての日程を終えた。

総 37人のゲーム実況者が参加した中で進行された今回の大会は、
数千人のユーザー達が放送を視聴して、ブレイドアンドソウルの
比武コンテンツに対する注目を現した。ブレイドアンドソウル RMT

31日(日)午後 7時、3戦 2先勝制で進行された決勝戦では、
一攫千金サーバーの魔道士ユーザーと、英雄豪傑サーバーの魔道士ユーザーが闘った。

一攫千金サーバーの魔道士ユーザーは、「第4回公式比武宴」において、
魔道士初優勝を果たした実力者だ。
当時彼は、比武最弱職と呼ばれた魔道士で優勝を占めて、多くのランカーを驚かせた事がある。

最近は比武放送が遠のいたが、相変わらず相手職業による多様な運用は、
魔道士の中で最上級という評価を受けている状態だ。
特に、防御武功使用を最小化して、機会がある度にコンボを叩き出す彼の攻撃パターンは、
多くの人々が関心を受けた。ブレイドアンドソウル 相場

対立した英雄豪傑サーバーの魔道士ユーザーは、公式大会履歴は無いが、
「8月天下一比武大会」 基準では、全体ランキング 58位を記録したプレイヤーだ。
前者プレイヤーと違い、魔道士の防御武功を適材適所に使う能力が卓越であり、
安定的な運用をする鬼才という評価を受けている。

互いに個性が異なる二人の選手の一戦対決には、多くのユーザー達が注目した。
魔道士ユーザー同士の正面対決は、タイミングの闘いと呼ばれている。
「氷結冬華」,「護身蒼天」 などの防御武功を持っている為、互いにダメージを与える時間が
不足するからだ。

従って、魔道士同士が比武で出会えば、制限された時間内に攻撃力を爆発させて、
相手を倒す様にする。即ち、爆発的な攻撃と安定的な防御運用、どちらが勝つのか、
これが今回の決勝戦の観戦ポイントだった。

決勝戦は、魔道士最高のゲーム実況者と評価を受ける二人の選手の対決であるだけに、
張り詰めている合戦が予想された。
Gamemeca が前もって進行した勝負予測イベントでも、
一攫千金サーバーの魔道士ユーザー勝利に投票した人員が 54%、
英雄豪傑サーバーの魔道士ユーザー勝利に投票した人員が 46% となり、
死闘が予測される結果が現れた。

しかし、実際に決勝戦を進行してみると、一攫千金サーバーの魔道士ユーザー優位で終わった。

一攫千金サーバーの魔道士ユーザーは、たった 1回の引き分けを除き、
全てのセットを勝利して、圧倒的な強さを見せた。

特に、相手を比武場の隅に追い遣って、次々と力強い武功を叩き出す姿は、
魔道士比武最強という名前に相応しい姿を見せた。Blade&Soul RMT

一方、緊張を緩める事が出来なかった英雄豪傑サーバーの魔道士ユーザーは、
終始比武場の隅に追われて攻撃を受けてしまい、
結局 2競技 2セット 1 引き分けを記録するに止まる事となった。

2014-9-3 10:41:13