お取引状況の確認

完美世界 「神霊族」ストーリー

 完美世界 RMT 新種族「神霊族」の【ストーリー】紹介させていただきます。

神霊族の攻撃は強いですけど、これは一番特色ですよ。
別の種族攻撃について、完美世界 攻撃計算 に参考下さいませ。
「海龍族」と「禁忌の海」の復興から、早くも時は過ぎ。
パーフェクト大陸は、大地を揺らし天をも破壊しそうなほどの、大災難に襲われていた。
神の子の末裔「神霊族」。
この世に生きる全ての生命が持つ“霊魂”(れいこん)。
“霊魂”には、生前の行いによって善となる「英霊」(えいれい)と、悪となる「怨霊」(おんりょう)がある。
「英霊」は、転生を待つか、神殿にて眠り神格を与えられる時を待つ。
対して「怨霊」は、その場で浄化されるか、地獄へと送られ罰せられる。
 神により“霊魂”の選別を命じられた神の子、ウォフ・マナフは、「幻霊峡」(げんれいきょう)と呼ばれる場所を与えられ、神の力を使って「英霊」と「怨霊」の選別を行っていた。
ウォフ・マナフは真摯に使命を執行していくが、浄化され苦しみ悶える「怨霊」の悲鳴を聞き続けるうちに、「怨霊」として判定を下す己の使命に、疑念を持ち始める。
「なぜ“霊魂”は「怨霊」となってしまうのか。なぜ、神は『怨霊』となる“霊魂”を救済しないのか。」
「“悪霊”となった神の子の霊魂を見つけ出し消滅することで、この世界を救うことができる。」
「神霊族」たちの言葉を聞いた者たちは、自らを犠牲にしてこの世界を守ろうとしたウォフ・マナフに感銘を受け種族同士の壁を越え協力し合い、再びこの世界の平和を取り戻すことを決意したのだった。
 
今後ともRMT-SPをよろしくおねがいします
 
2014-7-24 23:20:06