お取引状況の確認

「Blade&Soul RMT」日本語字幕付きプロモーションムービーが公開に

 Blade&Soul RMT エヌ・シー・ジャパンは,韓国でNCsoftが開発中のMMORPG「Blade&Soul―ブレイドアンドソウル―」の日本語字幕付きプロモーションムービーを本日(2012年6月21日)公開した。先日4Gamerに掲載したものとほぼ同じ内容だが,字幕部分が日本語になっている。また,15万人の同時接続が可能な韓国でのOBTが,本日16:00に開始されている。

「Blade&Soul―ブレイドアンドソウル―」プロモーションムービー(日本語字幕付き)

NCsoft
ファン待望の大新作『ブレイドアンドソウル RMT
韓国オープンベータテストを本日午後4時に実施
~15サーバーでサービス開始 
最大同時接続150,000人がプレイ可能!~

エヌ・シー・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区恵比寿、代表取締役:金 澤憲(キム テクホン))でサービス、運営中のオンラインゲーム『リネージュ ~Eternal Life~』、『リネージュ2 ~Goddess of Destruction~』、『タワー オブ アイオン』の開発元であるNCsoft(本社:韓国ソウル 代表取締役:金 澤辰(キム テクジン))は、オンラインロールプレイングゲームの最新作『Blade&Soul-ブレイドアンドソウル-』のオープンベータテスト(※1)(以下、OBT)を本日2012年6月21日(木)午後4時より実施するにあたり、15サーバーでのOBT開始を明らかにいたしました。

 『ブレイド&ソウル RMT』は総製作期間6年、制作費500億ウォン(日本円換算:34億6,300万円)を投じた、武道・武術を身につけたキャラクター達により繰り広げられる東洋ファンタジーの世界を舞台にした作品であり、韓国だけでなく世界有数のオンラインゲーム市場を持つ中国で最も期待されている(※2)最新ゲームタイトルです。

 初披露となる2008年7月から2回の韓国ゲームショウ「G-STAR」への出展、3回に渡るクローズドベータテスト(※3)を経て、本日のOBTを迎えたことを受け、NCsoftの金 澤辰代表は「ここまで進めることが出来た原動力となったのは、全てのゲームファンにこの世界観をお見せしたいという情熱です。」とコメントを寄せています。

本日から開始となりましたOBTでは他に類を見ない革新的な技術により、1サーバーで最大同時接続10,000人がプレイ可能という驚異的なゲーム環境が準備されており、本日のスタート段階で15サーバーが用意されております。

 日本国内でもサービス展開を企画しており、ますます期待の高まる『ブレイドアンドソウル』に今後もご注目ください。ブレイドアンドソウル RMT

 

2014-7-4 14:30:48