お取引状況の確認

「クリティカ RMT」を広めるため“超”セクシーなクリティカーズが編集部を訪問

ゲームオンは、「クリティカ RMT」のメディアキャラバンを実施。本作のイメージキャラクターを務める2人、クリティカーズを引き連れてOnlineGamer編集部を訪れてくれたので、その模様をお届けしよう。

「KRITIKA(クリティカ RMT)」は、コンシューマゲームのような高いアクション性ながら、簡単操作でコンボを繋げて爽快なバトルが楽しめる“超アクションRPG”だ。

“有名ゲーマーから見た「KRITIKA」”や“「KRITIKA」超爆誕ライブ”など、サービス開始前からさまざまな企画が実施されていたり、12月11日に正式サービスを迎えてからは、翌週の18日に「夜桜四重奏~ハナノウタ~」とのコラボが開始されたりと、“超”怒涛の展開を見せているタイトルでもある。

そんなクリティカをPRするため、超爆誕ライブにも参加していた暗殺者と体術師のキャラクター衣装を着たコンパニオンさん、もといクリティカーズのお二人が、年明けから編集部を訪れてくれることになっていた。暗黒面に落ちるスタッフが多い年末進行と違い、休み明けでイマイチ覇気のない編集部にとっていい刺激になってくれるはず!

そう思って待ちわびていたのだが、キャラバンというのは写真撮影やら何やらで、一人だけで対応するのは(物理的に)大変だという裏事情がある。みんなお昼を食べに行っていて編集部は閑散としていたのだが、目の前の席にはいつも通り仕事をする細山田亮太の姿が…。しめしめ、出演者確保だ。

いざ到着したクリティカーズは、こちらのオーバーリアクションにも優しく接してくれた…!せっかくの暗殺者と体術師なので攻撃されてみたいと思い、血だまりに見えるクッションを使ってこちらが倒されるシーンを撮らせてもらったのだが、これにもノリノリで対応してくれたぞ。なんでそんなクッションが編集部にあったのだろうか…。

しかも新年の挨拶ということで、お土産までもらって至れり尽くせり!ポスター5名様分と、超爆誕ライブのイベントに参加した人だけがもらえた入浴剤2名様分をいただいたので、こちらは読者の方に抽選でプレゼント!下記のリンク先から希望賞品などを明記のうえ、“超”応募してほしい。

2014-7-4 14:30:12