お取引状況の確認

クリティカ RMT の職業について

クリティカ RMT は現在のバージョン中で3つのキャラクターを開放しました:剣闘士、刃武者、悪魔師。私達に先に最初のキャラクターからこの3人のキャラーを調べてみて一体異なって~剣が士を闘うあれらのがありを始
めさせます:

  まず私達は先に剣闘士を紹介して、戦場で大きい剣を振って、さっぱりしている戦闘の方法は剣の士を闘う特徴です。大部分ゲームの中の剣の士とと同じに、剣が士を闘うのは3つの役の中で最も慣れやすいひとつのです。職を回転していない前の職業の中で、剣が士を闘うのは1つの簡単な操作の高の攻撃の、近いからだの職業で、15級の前の写しは私達の剣が士を闘いにとってすべてとても簡単だです。だからわれらは剣が士のこの役を闘うのがとても初めて《疾風の刃》これらのゲームの新米のプレーヤー達のに接触するのに適合するのだと思います。

刃の武者:

  刃の武者は3つのキャラーの中で現在唯一の1人の女性のキャラーです。両刃物の戦う彼女を使うのは人の第1印象に“腕前が素早い”で、大部分の暗殺者類の職業とと同じに、刃の武者は3つのキャラーの中でモデルのもっとも速いひとつのを攻撃するのです。しかし剣の斗の士とと同じに近いからだの職業だけれども、私達の刃の武者は敵と直接に決して向こう見ずにやりに適合しありません。刃の武者は3開始の役の中に唯一のひとつのが職を回転していない前に2段持って“逆巻いて回避する”の役を回避するのです。だから各位は刃の武者のプレーヤー達を遊んで柔軟に必ずBOSSの攻撃をよけてそれから敵に致命的な一撃を与えに来を回避するのに逆巻きを使わなければなりません。

悪魔師:

  《クリティカ RMT 》は1モデルの超動作ゲームです。貫徹のこのテーマのクリティカ RMT のゲーム中のために法師のこの職業がなくて、それから取って代わったのは私達の“訴える悪魔師”です。現在開放的な3個の役の中の訴える悪魔師は1つの長距離職業で、しかし訴える悪魔師の慣れる難度は要して前2つの役に比べてたくさんにぬきんでます。訴える悪魔師が法師のこの概念の職業に取って代わったのなため、武器は法の棒から拳銃になりました。越えないでもしただ拳銃の攻撃があるならば、そんなにすぐ法師のこの概念を明らかに示せないで、だから私達の訴える悪魔師は“魔法”を使うことができるのです。具体的にどんな設計ですか?興味の学友は自ら行って疾風の刃の中で体験してみることができます。

2014-7-4 14:30:12